【シニア期のケア・にゃんこ編②】シニア期の住環境について。

  • 2018-6-1
Senior3

シニアになるとねこちゃんは寝ている時間が長くなってきます。快適に過ごせるように住環境を整えてあげましょう。

快適に過ごせるように

まずは快適に過ごせるスペースを作ってあげましょう。とはいえ、ねこちゃんは環境の変化に敏感!
急に模様替えをしてしまうことでストレスがかかってしまう場合があります。
ねこちゃんの様子を見ながら変えていくことをおすすめいたします。

シニア期の住環境で気をつけるポイント

快適に過ごせる室内温度は25度前後、湿度は50%前後といわれています。
お留守番中の温度や湿度の調節にも気を配ってあげることが大切です。
観葉植物など、種類によってはねこちゃんにとって有害な物もあるので注意してください。
万が一口にした場合は命に関わることも!

Senior4

足腰にやさしい床材に
フローリングの床の場合、滑りやすいため足腰に負担がかかってしまいます。
タイルマットなどを敷いてあげることで負担が軽減するでしょう。
はっ水加工してあるマットなら粗相をして汚してしまった場合も取り替えられるので便利です。
また、足腰が弱くなると、段差につまづいてしまうことがあるのでケガをする恐れがあります。
階段には入れないようゲートを設置し、段差にはスロープを設けるとよいでしょう。
若い頃は、棚の上など高いところに平気で上がっていたねこちゃんも、体力や筋力の衰えから落下してしまうこともあるので
ケガをしないよう、棚の上には物を置くなどして上がれないよう工夫しましょう。

くつろぎスペースを
シニア期になると、寝て過ごす時間が増えてくるので、ゆっくりとくつろげるスペースを作ってあげるとよいでしょう。
例えば、窓辺のお日様があたるような場所にお気に入りのクッションを置いてあげるのもいいですね。
Senior2
暑いと感じたときに涼めるような場所も作ってあげてください。
普段人が集まるリビングで過ごしている場合は、来客があった際に隠れることができるスペースも用意してあげましょう。
脱走する恐れがある場合は、万が一に備えて防止策も考えておきましょう。

生活スペースを改善し、早めに見直すことでねこちゃんも安心して過ごすことができるでしょう。
Senior1

画像はイメージです。
https://www.shutterstock.com/ja/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事