犬が大好きな野菜、どうやってあげればいい?

  • 2017-9-5
2bc46b27104c198f0bba243879ec8538.jpg

最近は、おやつ代わりに犬に野菜をあげているという人、多いですね。犬も野菜が大好き! 体にもいいことがいっぱいです。でも間違った与え方をすると、体調を崩してしまうこともあるため、気をつけなければいけません。

健康で長生きしてほしい・・・
最近は、おやつ代わりに犬に野菜をあげているという人、多いですね。犬も野菜が大好き! 体にもいいことがいっぱいです。でも間違った与え方をすると、体調を崩してしまうこともあるため、気をつけなければいけません。

犬も人と同じで、たんぱく質・脂肪・炭水化物・ミネラル・ビタミンの五大栄養素が必要です。これらを毎日バランスよく摂ることが理想。

もちろんドッグフードには犬が必要とする栄養素がちゃんと含まれていますが、高たんぱくであることが多く、食べ過ぎると肥満に。肥満は万病のもと、肝臓や腎臓に負担をかけ、糖尿病になる危険性もあります。元気で長生きしてもらうためには、犬も、適度な体重を保つ心がけが必要ですね。
ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富、水分補給にも
野菜には、ビタミンやミネラルが多く含まれ、食物繊維が豊富。ビタミンやミネラルは、他の栄養素の働きを助け、体の機能を整える大切な役割があります。食物繊維には腸を整えるはたらきがあり、適量の食物繊維を摂ることで、健康な便の排出をサポートします。また食物繊維は腹持ちがいいため、ダイエットにも一役買ってくれそうです。

またこれからの季節、注意しなければいけないのは、水分不足。野菜には水分もたっぷり含まれていますから、野菜を食べることで、水分補給にもなりますね。野菜を上手に取り入れて、体調管理してあげましょう。

気をつけたいこと
野菜を与える上で大切なことは、種や茎、皮や芯などを取り除くこと。喉や消化器官に詰まってしまったり、消化できずにそのまま出てきてしまったりすると、量によっては大変な事態に。

身体に良いからといって欲しがるまま次々に与えてしまうのもよくないですね。一度に少しずつ、少量を何回かに分けてあげた方が効率よく吸収され、満足感もあります。コミュニケーションをとりながら、おやつ感覚で少しずつあげましょう。

犬が大好きな野菜、どうやってあげればいい?
食べるといい野菜
犬には、食べてもいい野菜と、あまり適していない野菜があります。かたいものはゆでてから食べさせてあげましょう。

まずレタスや白菜。ビタミンや水分をたっぷり含み、食物繊維も適度にあって葉っぱが柔らかいため、“野菜デビュー”には最適です。さっとゆでてからあげましょう。レタスは生でもOK。

キャベツはビタミンも食物繊維も豊富で、一年中楽しめる野菜です。茎部分を除いてゆでてあげます。柔らかい春キャベツなら、生でも大丈夫。

夏野菜のきゅうりは、水分補給に最適です。小さめに刻んだり、スティックにしたり。ブロッコリーも、ビタミン・食物繊維が豊富で、大好物という子もおおいようです。房の部分をゆでてあげましょう。

その他にんじん、大根、かぼちゃ、じゃがいもなど。犬種によってはおなかが下りやすくなる場合もありますから、様子を見て、すり下ろしたり、ゆでてフードプロセッサーにかけたりなど、工夫して与えます。

犬が大好きな野菜、どうやってあげればいい?
与えてはいけない野菜!
ネギ、ニラ、にんにく、たまねぎ、アスパラガス、らっきょうなど、ユリ科の野菜を犬にあげるのはやめましょう。これらの野菜は、赤血球の働きを阻害し、犬が酸素不足に陥る危険性があるといわれています。

人間が食べられる野菜はなんでもOKと思ったら、大間違い。獣医さんに聞いたり調べたりして、食べさせても大丈夫かよく確かめてから、与えるようにしたいですね。

(画像はイメージです)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事