【最高気温25℃】犬猫の熱中症対策はOK?

  • 2017-6-17
shutterstock_39704332_R

犬や猫は汗をかかない?

週間予報では最高気温が20℃を超える日が増えてきて、アクティブにお出かけしたいなんて方も多いのでは。少しの散歩でも軽く汗ばむような日もありますね。

ところで、犬猫が汗だくになっているところは見たことがありませんよね。彼らはどのように体温を調節しているのでしょうか。

犬も猫も体の大部分を毛で覆われています。私たち人間が衣服を着るように彼らは毛皮を纏っているのです。冬のみならず夏も毛皮ですから、夏はかなり暑いでしょうね。実は犬や猫で汗腺が存在するのは肉球だけです。そのため、彼らはどんなに暑くても人間のように汗をかいて体温を下げることができないのです。

shutterstock_63451330_R

最悪の事態になることも…

気温が上がり、私たちが暑いと感じるころには犬猫の熱中症のリスクも高いと言えるでしょう。犬や猫、人間にも共通して言えることなのですが、熱中症は死に至ることもある症状です。

温度が高い場所に長時間いる、高熱になるものに長い時間さらされることなどによって、うまく体温調節ができなくなり体温が上昇します。その結果、呼吸が荒くなる、脱水やショック症状などが現れ、最悪の場合は死に至ります。これが熱中症です。

先ほども述べたように、犬や猫は全身で汗をかいて体温を下げることができないため、一旦体温が上昇するとなかなか下げることができず熱中症になりやすくなるのです。

どんな様子だったら熱中症の疑いがあるの?

では、犬や猫がどのような状態だったら熱中症を疑わなくてはならないのでしょうか。

犬の場合、ペット用体温計で検温し体温が40度以上であれば熱中症を疑います。このまま放置すると脳に障がいが発生する危険があり、43度を超えてしまうと死亡率が高くなります。

また、呼吸が浅くて速い、口が大きく開いて舌が出ている場合はかなり暑がっている証拠です。

ぐったりしている、泡を吹いている、反応が鈍い、ひきつけのような症状が現れている時は早めに動物病院へ連れて行きましょう。

猫の場合もペット用体温計で検温し体温が40度以上であれば熱中症を疑います。その他にも、呼吸が荒い、よだれが多い、歩くとふらふらしている、痙攣、ぐったりしているなどの症状があれば熱中症になっている可能性があるため、動物病院へ連れて行ったほうがいいでしょう。

もしも熱中症にかかってしまったら、とにかく体温を下げなければなりません。冷たい水をたくさん飲ませる、風呂場で体に冷水をかける、冷水でぬらしたタオルを体にかけるなどの処置が必要です。

ただし、高齢のペットや心臓に持病がある場合は、いきなり冷水をかけるとショック死することもあるため注意が必要です。

意識がなくなっている場合には、これらの方法で体温を下げながらいち早く動物病院へ連れて行く必要があります。

shutterstock_121846495_R

熱中症にならないようにするには

では、大切なペットを熱中症から守るにはどうしたらいいのでしょうか。

まず、室内の換気や空調に注意が必要です。この時、室温だけでなく、湿度にも注意が必要です。室温は低くても湿度が高いと体内に熱がこもりやすくなるからです。

また、ペットを車に乗せる時は少しの時間でも車内で留守番させるのはやめましょう。日頃から肥満にならないようにすることも大切です。

ペット用の熱中症対策グッズも販売されているので、暑い季節を迎える前に用意しておくと安心です。

(画像はイメージです)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事