熱中症に注意! 猫ちゃんの暑さ対策とは?

  • 2017-6-13
夏は熱中症に注意が必要! 猫ちゃんの暑さ対策とは?

猫を室内で飼う家庭が増えていますが、日中は留守になるということも珍しくありません。飼い主としては猫が熱中症にならないか気になるところ。この記事では猫の暑さ対策についてまとめましたので、参考になさってください。

近年空前の猫ブームが到来し、今まではペットとして飼われている猫の数が犬の数を猛烈に追い上げていると言われています。
気まぐれな猫の性格に癒されるという人も多く、この記事をご覧の方々の中にも猫と暮らしてみたいと思っている人もおられるのではないでしょうか。

猫は暑さには強い動物と言われていますが、それでも夏のお留守番は飼い主として気になりますよね。
今回は猫の暑さ対策についてまとめました。

猫は涼しいところを見つけるのが得意!

昔の人が『涼しいところやあたたかいところは猫に聞け』と言われたように、猫は快適に過ごせる場所を見つけるのが得意な動物です。
暑い夏は涼しいところでじっと動かずに過ごします。

よほど室温が上昇しない限りは猫が熱中症になることは少ないですが、ここ数年の猛暑では猫の体調不良も珍しくありません。
そうならないためにも、快適に過ごせる工夫をしてあげるのが大切なのです。

水はいつでも飲める状態に!

猫は汗をかかないので、人間のように頻繁な水分補給を必要としません。
1日に摂取する水の量は30ccから50cc程度で十分ですが、夏のような暑い時期が続くと、いつも以上に水を飲む猫も少なくないです。
熱中症を防ぐためにも、猫がいつでも水を飲める状態にしておくことは大切です。

他の部屋への通路を解放しよう!

猫が普段からどの部屋でも自由に行き来できる環境を作ってあげることも大切です。
前述した通り、猫は自分で涼しい場所を探す習性があります。普段は1つの部屋でしか過ごさないという猫でも部屋の温度が高くなると、なるべく涼しい部屋を探すために他の部屋に移動することがあります。
できる限りの範囲で良いですが、なるべく心地良い場所や部屋で過ごせるようにしてあげましょう。

こまめなブラッシングを!

こまめなブラッシングを!

猫は暑さに強いとは言われますが、室内で飼われる猫が増えたことで毛の生え変わりがスムーズにできない猫も増えています。
夏毛と冬毛に大きな差がないと、やはり暑さを感じやすくなってしまいます。
5月から6月にかけて抜け毛のシーズンですので、こまめにブラッシングをしてあげることで生え変わりを助けてあげましょう。

クールマットなどのアイテムを使う!

猫は暑さに強いとは言われますが、室内で飼われる猫が増えたことで毛の生え変わりがスムーズにできない猫も増えています。
夏毛と冬毛に大きな差がないと、やはり暑さを感じやすくなってしまいます。
5月から6月にかけて抜け毛のシーズンですので、こまめにブラッシングをしてあげることで生え変わりを助けてあげましょう。

 

画像 http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事