【ドッグトレーナーのお話】この時期に多い!食べムラや食欲不振について

  • 2017-5-31
dt

日中の気温は毎日20度越え! あなたの愛犬はたくさんごはんを食べて元気に暮らしていますか?

この時期から多く見られる、ごはんの食べむら、食欲不振、ドッグフードの保存方法についてご紹介します。

最近食べむら増えてきた

毎日ガツガツ食べてくれることに越したことはありませんが、ドッグフードの食べむら、食欲不振でお悩みの方はとてもたくさんいらっしゃるようです。
毎日食べていたドッグフードを食べてくれなくなると、体調が心配で病院に行ったり、ドッグフードを変えてみたりと、色々試してみる飼い主さんも少なくないはず。
でも毎日美味しく食べていたドッグフードをすぐに変えてしまうのは後々かわいそうです。

1、体調を自己管理
今の時期、季節や気温の変化に敏感な犬は、わざと残してみたり、食べなかったりすることがあるようです。

犬種により差はありますが、犬の平均体温は
小型犬・・・38.6度~39.2度
大型犬・・・37.5度~38.6度

犬自ら食事を制限することで体温の上昇を抑えたり、暑くて行動が少なくなった分お腹が減っていないことも要因としてあります。
これは犬の自己管理なので、無理に食べさせようとしたりせず、食事へのストレスをかけないようにしましょう。

そして、毎日のウンチの量や硬さ、体重管理も怠らないようにしてください。
食事を取らないことによってウンチがゆるくなることが続いたり、極端に体重が変動したりした時は、獣医師の診断を受けるようにしましょう。

imgres-1

2、ドッグフードの匂いが・・・
開封直後に比べてドッグフードの臭いが気になることはありませんか?
飼い主さんが気になる前に、ワンちゃんはもっと早く臭いの変化に気づいています。

なんせ、犬の嗅覚は人間の100万倍以上!
毎日食べているごはんなので、犬は傷んだドッグフードの臭いにはとても敏感です。

傷んだドッグフードというのは、脂質が酸化しているということ。
酸化したドッグフードは癌リスクが高いので注意しないといけません。

人間の食べ物でも古くなって傷んでくるとムッと臭いますよね!それが酸化です。
それって夕食で食べますか?絶対食べませんよね!

小型犬でも大型犬でもドライフードは1ヶ月程度で食べきる量を購入しましょう。
気温が上昇を始める5月〜梅雨の6月〜猛暑の7、8月は特に注意!
冷蔵庫に入る大きさに小分けにして、空気を抜いた状態で冷蔵保存がオススメです。
温度を一定に保ち酸化を防止しましょう。
暑い日などは、冷えたフードで食欲が増すこともあります。

どうしても食べない時には

DSC_7497-615x408

連日食べないとなると、やはり心配になってくるのが飼い主さんの本音です。
そんな時は、ちょっとしたトッピングをしてあげるのも良いでしょう!
小型犬なら小さじ1杯、大型犬なら大さじ1杯程度でじゅうぶんだと思います。
お肉や茹でた野菜、ヨーグルトや納豆などでも良いでしょう。

体温を下げる効果のある食べ物も有効です
カボチャやトマト、キャベツなどカリウムを多く含む野菜は利尿作用があるので、体温を排出しやすくなります。
今や愛犬の手作り食で最もポピュラーな馬肉は体温を下げる効果があるのでトッピングなどにも向いています。

5月~8月にかけては、愛犬の体調が最も変化しやすい季節です。
犬たちも人間と同じように、体調を自己管理しますので食事の食べむらをすぐに病気やドッグフードと決め付けずに少し見守ってあげるのも必要です。
また、ドッグフードの管理にも気を配り安心安全を心がけてくださいね。

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事