要チェック! 猫の運動不足を解消しよう

  • 2017-5-4
要チェック! 猫の運動不足を解消しよう

ずっと室内で飼われている猫は運動不足に陥っていることも・・・ 愛猫が運動不足になっていないかをチェックする方法と、運動不足を解消させるために飼い主として心がけたいことなどについてお伝えします。

要チェック! 猫の運動不足を解消しよう
ペットの代表格とも言えるのが犬と猫。飼育している世帯数でみると犬のほうがやや多いのですが、全国で飼育されている総数は猫のほうが多いことがわかっています。
猫は室内で飼うことができて、比較的お世話の手間が少ないため忙しい人にも人気です。

しかし、ずっと室内で飼われている猫は運動不足に陥っていることも……。
愛猫が運動不足になっていないかをチェックする方法と、運動不足を解消させるために飼い主として心がけたいことなどについてお伝えします。

いくつ当てはまる? 猫の運動不足度チェック

犬のように散歩が必要なわけではありませんが、猫も運動不足になるとストレスを感じます。
また、運動不足が便秘や肥満などの原因になるおそれもあります。
猫の運動不足度をチェックするために、以下の項目に当てはまるものがあるかを確認してみてください。

・部屋で1匹で過ごす時間が長い
・完全屋内飼育をしている
・走り回ることが少ない
・動くものに興味を示さない
・ジャンプをしない
・遊んであげる時間が10分未満
・音に敏感で臆病、高いところに興味がない
・外に興味を示さない
・適切な量与えているフードを残す

当てはまる項目が多いほど、運動不足になっている可能性が高いと言えます。
とくに虫や鳥などの小動物に興味を示すことがない場合は、猫が本来持っている楽しみ方を忘れてしまっている可能性があり、大きなストレスを抱えていると考えられます。
毎日少しの時間でいいので遊んであげるようにしましょう。

運動不足になりやすい品種

運動不足になりやすい品種

必要な運動量は、品種によって異なります。
ラグドールやペルシャといった長毛種は、比較的少ない運動量で問題ない品種です。
あまり長く遊んでいると疲れさせてしまうこともあるため注意してください。

運動不足に注意が必要なのは、アメリカンショートヘア、日本猫、オシキャット、ソマリなどの短毛種で、比較的ワイルドな性格を残している品種です。
アメリカンショートヘアはとくに元気な品種なので、かなり多めの運動量が必要なこともあります。
目安としては1日30分程度ですが、それでも1回に遊ぶ時間は10分程度にしておきましょう。

運動不足解消には登って遊べるものが理想

猫の運動不足を解消するには、広いスペースや登って遊べるようなものを用意してあげるのが理想的です。

とくに上下運動ができるような登って遊べるものは猫にとって重要です。
家具の並べ方を工夫するなどして、みずから運動不足を解消できるようにしてあげましょう。

また、ドアを開けておくなどして走り回るスペースを作ってあげるのも良いですね。
夢中になって駆け出している場合、周囲が目に入らず障害物をかわしきれないこともあるため、できるだけ安全に配慮してあげてください。

画像 http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事