猫がゴロゴロと鳴くのはどうして? そして鳴かなくなる理由とは

  • 2017-3-25
猫がゴロゴロと鳴くのはどうして? そして鳴かなくなる理由とは

子猫の時はよく膝の上でゴロゴロと鳴いていた愛猫が最近鳴いてくれない……と心配になることはありませんか。
「もしかして病気かも」とその原因を思い悩むこともあると思います。
猫がゴロゴロと鳴く理由と鳴かなくなる理由とはいったいなんなのでしょうか。

どうして猫はゴロゴロと鳴くの?

・飼い主に甘えている
子猫が母猫のミルクを飲む時によくゴロゴロと鳴くことから、その時の充足感や安心感を表しているというのが最も有名な理由です。
飼い主の膝の上などでゴロゴロと鳴く時は甘えていると考えても良いでしょう。

・何かして欲しいことがある
飼い主にかまって欲しい時や、おなかがすいた時などにゴロゴロと鳴くことがあります。
このように何か要求がある時は通常より少し高めの音を出します。
猫にゴロゴロと高い鳴き声でおねだりされると気持ちに応えてあげたくなりますよね。

・その他の理由
その他にも不快な状況に置かれた時、混乱した時、自分の死期を感じた時に猫はゴロゴロと鳴くことがあります。

猫がゴロゴロと鳴くのにはさまざまな理由がありますが、状況によってどういう意味なのかを見極めることができます。

猫がゴロゴロと鳴かなくなった理由

・成長したため
年齢を重ねた猫は幼少期ほどゴロゴロと鳴かなくなります。成猫になると猫の感情も落ち着いてきて、子猫の時の様な甘え方をしなくなるケースがあるからです。
ゴロゴロと鳴かなくなっても飼い主への愛情が無くなったわけではないので安心してください。頭をこすりつけてきたり、お腹を見せたりするといった別のしぐさで愛情を表しているかもしれませんよ。

・ストレスや病気が原因
それまで元気にゴロゴロと鳴いていたのに突然ゴロゴロと鳴かなくなったり、様子がいつもと違ったりしたら大きなストレスを抱えていたり、病気にかかっている可能性があります。
ゴロゴロと鳴かなくなる以前に、猫にストレスのかかる環境の変化がなかったか思い返し改善してあげましょう。
また、猫の体調が優れていないようであれば動物病院で適切な診察を受けることが大切です。

・避妊、去勢の影響
避妊や去勢をしたあとに、ゴロゴロと鳴かなくなる場合があります。
手術は猫にとって、肉体的にも精神的にもストレスがかかります。
手術後の猫は今までと違った行動をとることもありますが、その原因は性ホルモンや手術の恐怖心からなどといわれており詳しくは分かっていません。
手術後にゴロゴロと鳴かなくなったり、様子が違っていたりしたら猫のストレスをなるべく軽減させてあげましょう。

猫がゴロゴロと鳴かなくなったら

猫がゴロゴロと鳴くのはどうして? そして鳴かなくなる理由とは

猫がゴロゴロと鳴かなくなることは猫の成長と考えることもできれば、何かストレスがかかっているのかと考えることもできます。
愛猫のゴロゴロという鳴き声にはとても癒されるのでいつまでも聞いていたいですよね。
もしも愛猫がゴロゴロと鳴かなくなっても、あまり不安にならずその原因を考えてみましょう!

 

画像
https://pixta.jp/photo/19382495
https://pixta.jp/photo/22235421

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事