犬の「クセ」はどんな意味があるの?

  • 2017-3-18
犬の「クセ」はどんな意味があるの?

愛犬のふとしたしぐさやクセの意味を知りたいと思ったことはありませんか? 犬の動作にはそれぞれ意味が含まれていることがあります。犬のクセの意味を6個ご紹介します。

愛犬と一緒にいると、「どうしてこの子はこんなことをするのだろう?」という疑問を抱いたことはありませんか。
犬のふとした動作やクセにはさまざまな意味が含まれていています。愛犬がいつもしているクセにはどんな意味があるのでしょうか。
今回は犬のクセの意味を6個ご紹介します。
犬のクセの意味を知って、愛犬への理解と愛情を深めましょう!

あくびをする意味

犬は気の抜けたような顔をしてあくびをしていることがあります。
叱っている最中にもあくびをする犬がいるので、怒りそうになる飼い主もいるかもしれません。
しかし、犬は心地よく眠い時だけにあくびをするのではありません。
知らない人と遭遇した時や大きな物音を聞いた時など強いストレスや緊張がかかると犬はあくびをします。犬があくびをする時は心を落ち着かせようとしているサインです。
愛犬が叱っている時にあくびをしても、反省していないわけではないので気をつけてください。

舌でペロッと鼻先や口元を舐める意味

叱られたり、他の犬と争いが起きそうになったりした時にペロッと舌を出すことがあります。
このクセもあくびと同様に「叱っているのに反省していない」と勘違いするかもしれません。しかし舌を素早く出す行為は自分や相手の興奮を鎮めようとしているサインです。
ストレスがかかっている状態なので、気をつけて見てあげてください。

目線をそらす意味

「愛犬と見つめあいたい」そんな願望を抱く時もあるかと思います。でも犬と目が合ってもすぐ目線をそらしてしまってなかなか見つめ合えないことがありませんか。
もしかしたら嫌われているかもと不安に思う飼い主もいるかもしれません。しかしこれは嫌いのサインではなく、むしろ「あなたに敵対心はないですよ」という服従の意味を表しています。
犬の世界では真正面に向き合うことで敵意を表すので、目をそらす行為は飼い主に安心している証拠なのです。

地面や床にあごをつけて寝る意味

家に帰った時、愛犬がいち早く出迎えてくれることはありませんか?
この察知能力と犬が地面や床にあごをつけて寝るのには関係があります。
犬は地面や床にあごをつけて寝ることで「骨伝導」を使って足音などを感じています。犬は嗅覚も使いますが、振動を通じても飼い主の帰りを察知しているのです。
あごをだらっとつけて寝ているだけのように見えても、実は繊細な音をキャッチしている最中なのです。

首をかしげる意味

愛犬が首をかしげる姿はとても愛くるしく、飼い主も「この子は何を考えているのだろう」と一緒に首をかしげたくなるかもしれません。
犬が首をかしげた時はよく音が聞き取れず、耳の角度を変えてよく聞き取ろうとしています。愛犬が首をかしげて飼い主を見ている時は、飼い主の話を聞こうとしているサインかもしれません。

濡れた後にタオルやカーペットで体をこすりつける意味

犬は自分の体が濡れると身震いして水気を弾き飛ばします。それだけでは乾かない時にタオルやカーペットを使って乾かしますが、とても入念に体をこすりつけていることがあります。
これはまだ体が濡れているわけではなく、自分の体臭を取り戻したいために行うしぐさです。
地面やソファーなどに体をこすりつけるのも同じ理由からです。
犬にとって体臭は自分であることの証明にもなるので、いち早くもとの体臭に戻りたいためにゴロゴロと体をこすりつけます。

犬のクセの意味を知ると

犬の「クセ」はどんな意味があるの?

犬は人間のように言葉を話せません。しかし、クセやしぐさによってさまざまな気持ちを表現しています。
犬の気持ちが分かると、愛犬とのコミュニケーションもいっそう楽しくなります。
愛犬の気持ちを誤解しないためにも、犬の特徴的なクセと意味を知りましょう!

 

画像
https://pixta.jp/photo/1984012
https://pixta.jp/photo/2511376

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事