犬が雪を見て、はしゃぎ回るのはなぜ?

  • 2017-2-2
犬が雪を見て、はしゃぎ回るのはなぜ?

なぜ犬は雪が積もると興奮し、飼い主が驚くほど喜び駆け回ってしまうのでしょうか?今回は犬が雪に喜ぶ理由や、犬以外の雪が好きな動物やその理由について紹介していきます。

「雪」という童謡の歌詞の中に「犬は喜び庭かけ回り」という一節がありますが、実際雪を見た犬が喜んで走り回る様子を見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

しかしなぜ犬は雪が積もると興奮し、飼い主が驚くほど喜び駆け回ってしまうのでしょうか?
今回は犬が雪に喜ぶ理由や、犬以外にもいる雪が好きな動物などについて紹介していきます。

なぜ犬は雪が好きなのか?

犬は雪が降ると大喜びしますが、その理由は雪が珍しくて興奮しているためと考えられています。
雪が積もり普段と違う景色を見ると人間でも少しワクワクするように、犬も環境の変化に思わずはしゃいでしまうようです。

その証拠に、東京などあまり雪の降らない地域の犬は雪が積もると大喜びして走り回るのに対し、雪が珍しくない地域などで飼われている犬は、雪が降っただけであまり興奮しません。

特に初めて雪を見た犬の反応は激しく、経験を重ねていく度に反応は薄くなっていくという意見もあります。
もともと犬は好奇心が強く遊んだりはしゃぐことがとても好きな動物であるため、変化やハプニングが起きると興奮や探索の喜びが前面に出てはしゃいでしまうのかもしれないですね。

また雪は犬にとって大きな遊び道具の1つでもあります。
体に感じる雪の冷たい感触や感覚は非日常的で、特別な新しい遊び場として犬にとって非常に魅力的に映るのではないでしょうか。

犬だけじゃない!雪が好きな動物とは

犬だけじゃない!雪が好きな動物とは

童謡「雪」の中には「猫はこたつで丸くなる」とありますが、実は猫も真新しい雪を見るとやはり気になるよう。
寒さに弱い猫たちも雪が降ると窓から外を見て離れなかったり、寒さに強い猫の場合は雪の中で生き生きと遊ぶことも決して珍しくはありません。

犬や猫の他にも動物園のシロクマやシロヒョウは、雪が降ると生まれ故郷を思い出すかのように元気に動き回ります。
パンダやレッサーパンダ、オオカミなども積もった雪に体を擦り付けたり、駆け回ったりして喜んで、雪の中で遊びます。
もちろん個体差はありますが、どんな動物も真新しい雪を見ると思わずはしゃぎたくなってしまうようですね。

特に年の若い成長過程の動物は基本的に雪で遊ぶことが好きなようで、雪の中で遊ぶ経験を通して状況に応じた行動を学ぶという側面もあります。
また研究により「遊ぶ」ことが、動物の生き残りや繁殖に大きく関係していることも分かっています。

あっという間に世界の色や香りを変えてしまう「雪」は、動物にとって非常に特別で楽しい「遊び」道具のひとつなのでしょうね。
もし愛犬が雪に興味を示しているのであれば、一緒に遊んであげてください。
新しい世界を教えてあげることも飼い主の務めですし、愛犬があらゆることを少しずつ学んでいく姿も一緒に過ごす楽しみのひとつですよ。

画像 https://pixta.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事