愛猫を振り向かせたいあなたへ!

  • 2017-1-31
shutterstock_377203543_R

せっかくだから振り向かせたい! 名前を呼んだら隣に来てくれる。そんな猫と飼い主の分かり合えている関係に憧れる人は多いのではないでしょうか?

猫は気まぐれで、名前を呼んでも振り向くどころか反応すら見せない、なんてことも日常茶飯事。しかし、それは単に飼い主の呼びかけを無視しているのではないのかもしれません。ここでは猫に名前を覚えてもらう方法をご紹介します!

shutterstock_334017404_R
猫に名前を覚えてもらう方法
そもそも猫というのは、名前を音と認識しています。人間が発音している言葉自体は分かっていません。しかし、名前を呼び続けることでその名前の音を覚え、それが自分のことであると認識するようになっていくのです。

まずは猫の名前を考えることから始めてみましょう。猫は言葉ではなく音として名前を認識しているため、あまり長い名前だとすぐには覚えられません。「モモ」や「ソラ」など、二文字の聞き取りやすい名前の方が覚えてもらいやすいと言えます。

さて、ではそこからどのように名前を覚えてもらうのか。方法は簡単です。
「名前を呼ばれる=いいことがある」ということを猫に認識させるのです。空腹な状態の猫の名前を呼び、その後におやつをあげるようにします。それを繰り返されると、猫は「名前を呼ばれる(特定の音が聞こえる)=おやつ」ということを覚え、その名前(音)に反応を見せるようになります。

この方法で猫が名前に反応するようになった後は、不意打ちで名前を呼んでみます。猫がこちらに集中していない時に名前を呼び、それに振り向いたりしっぽで反応を見せれば、あとは名前を呼び続けてあげればいいのです。しかし、不意打ちで呼ぶと何も反応されない時は、またおやつをあげる前に名前を呼ぶところからやり直してみましょう。

根気が大事だにゃ!
方法が簡単なだけに、猫に名前を覚えてもらうことは簡単なようにも感じますが、決してそうとは言い切れません。名前を覚えるまでの期間は猫によって差があります。早ければ三日ほどで名前を覚える猫もいますが、逆に一年程かかる猫もいます。

それを踏まえたうえで、辛抱強く名前を呼び続けると、自然とその音が自分と関わりがあることを猫に理解させることができます。
いつか振り向いてくれる日を夢見て、名前を呼び続けてあげてください。
画像:http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事