ワイルドなのに甘えん坊?ギャップが可愛いアビシニアン

  • 2017-1-30
ワイルドなのに甘えん坊?ギャップが可愛いアビシニアン

エジプトが由来とされているアビシニアンにはどのような歴史があるのでしょうか?バレリーナのようにしなやかなアビシニアン、その見た目や性格の特徴、アビシニアンを飼うときに注意したいポイントについても紹介。

スラリとした肢体と美しい毛並み、大きな耳が特徴的なアビシニアンは、そのクールでワイルドな姿が人気を集めています。
ここでは、そんなアビシニアンの特徴、飼うときのポイントなどをご紹介します。
shutterstock_216205699_R

アビシニアンの歴史

アビシニアンというのは「アビシニアから来た猫」という意味です。

アビシニアとは現在のエチオピアのことを指しており、19世紀のイギリス・アビシニア戦争のあとにイギリス兵がエジプトから持ち帰った「ズーラ」という名の猫が起源と考えられています。

このズーラがイギリスの猫と掛け合わされたことで、ヨーロッパにアビシニアンが広まりました。
エジプトには古い時代から存在したとされ、女神の化身として崇められていたともいわれています。
古代エジプトの壁画や美術品にはアビシニアンそっくりの猫が登場します。

アビシニアンはどんな猫?

アビシニアンの体は、スラリとスレンダーでありながら筋肉質。
足は細めで、バレリーナを連想させるしなやかな立ち振舞いから「バレエキャット」と呼ばれることもあります。
ゴールドの毛は短めでつやつやと美しく輝き、おでこにはM字型のタビー模様があるのも特徴です。

耳が大きく、耳の横にはタフトと呼ばれるやや長めの毛束があります。
アーモンド形の瞳は、美しいゴールドやグリーンである場合がほとんどです。

見た目はワイルドなタイプですが、その鳴き声は鈴を転がしたような可憐な音色をしています。

アビシニアンの性格って?

アビシニアンの見た目はとても優雅でワイルド。
その見た目から荒っぽい性格と思われてしまいがちですが、実は人なつっこく甘えん坊なタイプです。

他の猫種のようなツンとしたタイプではなく、人間とコミュニケーションを取るのが好きで、人の言うことを理解したり、呼べば返事をしながらすぐにやってきたりと頭の切れる一面もあります。

また、猫には珍しく水を怖がらないため、シャンプーや水遊びを好みます。
そういった、忠実で少し猫らしくない性質から「犬のような猫」といわれることもあります。

アビシニアンを飼う時のポイント

shutterstock_278472827_R

アビシニアンの平均体重はオスで3~4.5kg、メスで2.5~4kgです。
スレンダーなぶん、他の猫に比べると少し軽めの体重になっています。

平均寿命は10~14歳ですが、さまざまな要因によってこれより長生きすることもあります。
アビシニアンは活発でよく運動をする猫なので、食べることも大好き。

だからといって欲しがるままに食事を与えていると、すぐに肥満になってしまい、さまざまな病気につながってしまうこともあるので気をつけましょう。

アビシニアンは、食事や運動の量に気をつけてあげれば、とても飼いやすい猫です。
ワイルドでありながら甘えん坊というギャップが可愛い、アビシニアンとの生活をぜひ楽しんでみてください。

画像 http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事