【ドッグトレーナーのお話】冬のお手入れ~肉球編

  • 2017-1-23
172dee04ed8ee05a9189082139a3f8aa_s_R

冬本番!各地で雪予報も出ていますね。今回は冬のお手入れについてのお話。

雪の日のお散歩のあとは!

何気ない毎日の散歩でも、雪が降るとまた一味違います。 あまりの冷たさに片足で立ち尽くす寒がり犬や、にハチャメチャになって駆けずり回る犬たちもいたりして・・・
いろんなお散歩風景が見られますよね。
我が家の愛犬ディランは駆けずり回るタイプです(笑)
IMG_4243-300x225

でも、雪が降った次の日の路面は、踏み固められたアイスバーンとなり、歩くのもままなりません。
そんなアイスバーンの上を素足で歩く犬たちの肉球は大丈夫なのでしょうか?

肉球のお話

人間の足の裏より分厚い犬たちの肉球の表面は、ケラチンという細胞を構成するタンパク質の一つで硬く覆われています。
ケラチンの下層は、さらに分厚い脂肪層で肉球を構成して、その脂肪層が神経や血管を冷たい雪や氷、または熱い路面の刺激から守っています。

犬たちは、この健康な丸くて分厚い肉球を持つことで冷たさや熱さ、または悪路から足裏を守ることができているのです。
しかし、いくら健康な肉球も毎日雪や氷の上を歩くことで、傷んだりキズつくこともあり、汗腺を持つ肉球は傷つくことによって機能せずカサカサに乾燥し、割れてくることもあります。

傷ついて乾燥した肉球で室内を歩くとストッパーの役目を果たさずにフローリングなどでは滑りやすくなるため、足腰の負担になることもあるので注意が必要です。

もう一つは、長毛犬は肉球の中の毛に雪玉ができて凍ってしまうと、肉球間の柔らかい皮膚が凍傷になったり、傷ついてしまうことがあるので雪上で遊ぶ際には適度に毛を切っておく必要もあります。

肉球のお手入れ

肉球ケアはぬるま湯で洗った後、飼い主の足の間に犬の体を挟むリラックスポジションで行います。
リラックスポジションは肉球ケアだけでなく、マッサージ、歯磨き、耳掃除など体全体のケアに有効です。
逃げ出しそうになったら、足にギュッと力を入れて絶対に逃げられないようにしてください。
犬が自分の力で逃げられることを覚えると、リラックスポジションが嫌いになってしまいますので、終わりの解除は必ず飼い主さん主導でお願いします。

IMG_4294-260x300

リラックスポジションで肉球間の毛をカットしたら、肉球の表面に満遍なくオイルを塗っていきます。余分なオイルは必ずティッシュでふき取るようにしましょう。

天然成分のホホバオイルまたは、ワセリン、市販のローションや肉球クリームでもよいでしょう。

日頃のケアで犬の体のいろいろな部分に触れてコミュニケーションをとることで、信頼関係も増しますので、これからの季節のボディケアも楽しみながらしてあげましょう。

592ae3fb78dd4025f9010e51c975cea9_s_R

冬もまだまだこれからです。
犬と一緒に外に出て、ウインタースポーツを楽しんであげましょう!

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事