【ドッグトレーナーのお話】犬の行動を理解して対応していますか?

  • 2016-12-28
shutterstock_415476394_R

犬はなぜ咬むの?吠えるの?どうしてそのような行動をとるのかあなたは理解していますか?

吠える!咬む!

私たちの暮らしの中で、犬が吠えたり、咬んだりという行動は一般的に望ましくないとされてきました。
レッスンの依頼でも、これらの行動を抑制してほしいという依頼が多いのですが、なぜ止めさせたいのかというと・・・

吠えに関して
うるさい
近所迷惑

咬みに関して
咬まれると痛い
人に危害を加える恐れがある

などという理由が一般的でしょう。
人間は吠えたり咬んだりという行為をほとんどする事はしませんが、当てはめるとしたら、叫ぶ、怒鳴る、振り払う、殴るが犬のこれに値します。
これらの人間の行動はなぜ起きたかは容易に理解する事ができますよね。

犬も同様に情報をしっかりと発信していて、吠えや咬みにも必ず理由があり条件付けられてやがて習慣となっていきます。
飼い主さんの対応が変わらなければ、犬の行動に変化を与えることはできないでしょう。

例えば、

・家の外の人影に吠える。

・インターホンが鳴ると吠える。

・飼い主さんが見えなくなると寂しそうに鳴く。

・首輪を付けようとすると咬まれる。

・遊んでる途中で手に歯を当ててくる。

・物を取り上げようとすると咬みついてくる。

これらの行動に対応する場合、まずは気持ちの対応をしていかなければ根本的な改善にはつながりません。

テレビなどのメディアでは、灰皿を投げつけたり、チョークを入れたりという方法が頻繁に取り上げられますが、すぐに効果を見せたいメディアの試みに過ぎません。
犬の嫌悪感で抑制されているだけで、根本の感情は抑制できずいつか隙あらば吠えたり咬んだりしてくることでしょう。

犬の行動は飼い主さんへの報告であったり訴えであるので、しっかりと聞き耳を持って対応し不安要素を取り除いてあげることが人道的であると言えるでしょう。

・家の外に向かって吠える犬には、外が見えない環境づくりをしてあげる

・インターホンに吠える犬には外で何が起こっているのか見せてあげる。

・分離不安気味な犬には、無視をせずに待っててねとしっかりと声かけをしてあげる。

・首輪の付け外しで咬む犬は、首輪と散歩の印象を良くしてあげる。

・遊んでる途中で歯を当ててくる場合は興奮する前にやめたり、静かに遊ぶ。

・物を取り上げられない場合は飽きるまで遊ばせてあげたり、他のものと交換してもらう。

最も大切なオビディエンストレーニング

オビディエンスとは服従という意味ですが、ここでは信頼を意味します。
犬と飼い主さんを繋ぐオビディエンストレーニングです。
オスワリ・フセ・マテ・オイデ・ツイテなどは人と犬との最高のコミュニケーション手段です。オビディエンスをベースにコミュニケーションをとることでお互いの気持ちが通じ合えるようになることでしょう。
ですが、犬とのコミュニケーションが上手くいかなかったり、対応の仕方がわからなかったりする飼い主さんはコレができてない方がとても多いように思います。

吠え始めにフセができて、優しく「大丈夫だから待っててね」と言ってあげれば犬も飼い主さんも気持ちは落ち着きます。
逆に「ウルサイ!」と、一言でおさめようとする飼い主さんは永遠にお互いが吠えあってることでしょう。

首輪の付け外しではオスワリをさせて正面ではなく背後から着脱してあげて「大丈夫だよ」の一言を掛けてあげれば、少しは不安要素が取り除かれるでしょう。しかし、首の皮を持って抑え付けて脱着してるようなら一生咬みつきの喧嘩をすることでしょう。

頭ごなしに、吠えるからウルサイと言ったり、咬むから両手で口を押さえるなどという対応は、お互いの関係を悪化させ、行動を助長しているに過ぎないのです。

まずは犬が吠えたり咬んだりする状況を把握し、立場を置き換えて対応してあげることが、お互いの歩み寄りとなるとなることでしょう。

それがまさに犬の気持ちを知ることなのです。
shutterstock_388357795_R

画像:http://www.shutterstock.com/

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事