【うちの子大丈夫?】ドッグランに連れていってはいけないケース

  • 2016-12-27
スクリーンショット 2016-12-23 13.27.22

犬の社会化を学ばせるには最適なドッグラン。今回はドッグランのルールについてです。

こういう場合はダメ!

ドッグランを利用するメリットは、犬の社会化を学ばせたり広い所で運動させたりできることです。
ただ、誤解しないように確認しておくと、社会化させている犬とは誰とでも遊びたがる犬のことではありません。
犬同士の挨拶ができ、遊びに誘われれば仲良く遊ぶ事ができる犬の事です。

そこで、ドッグランに連れて行ってはいけないケースをみてみましょう。

発情期の犬
多くのドッグランでは、利用規約の中で発情期のメス犬の入場を禁止しています。
発情期のメス犬がいると、他の犬同士のトラブルの原因になります。発情期の間はドッグランの利用は避けましょう。

好戦的な犬
人や他の犬を噛んだり、うなったりする好戦的犬もドッグランの利用は控えましょう。
ドッグランの中には、貸し切り可能な所もあります。好戦的な犬である場合は、予約のうえ貸し切りで利用するのも1つの方法です。
2016-12-23 14.37.46

ワクチンを接種していない、伝染性の病気をもつ犬
各種ワクチンはもちろんですが伝染するような病気や寄生虫を持った犬も、ドッグランを利用してはいけません。
他の犬が感染してしまい、さらに地域全体へと病気が蔓延する原因になる危険性があるからです。
愛犬の体調が悪そうな時も、ドッグランに連れて行くのは控えましょう。

2016-12-23 14.38.37

犬たちにとってはとても楽しい場所ですが、一歩間違うと大変なことになります!
飼い主さんはくれぐれも愛犬から目を離さない様ご注意くださいね。

【酵素ドライ43℃以下製法】無添加トリーツの専門店
morakijibn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事