気になる! ペットシッターってどんなことをしてくれるの?

  • 2016-12-24
気になる! ペットシッターってどんなことをしてくれるの?

犬や猫のお世話をしてくれるペットシッター。いったいどのようなサービス内容なのか気になりますよね。基本的なサービスからペットシッターならではなサービスまで詳しくご紹介します。

気になる! ペットシッターってどんなことをしてくれるの?

仕事や子育て・介護・通院などで毎日が忙しいと、時にはペットのお世話に時間を割けないこともあるでしょう。
そんな場合に心強い味方となってくれるペットシッターです。

しかし、今までペットシッターを利用したことがないと具体的にどのようなサービスをしてくれるかが分からず不安ですよね。
そこで、今回はペットシッターの仕事内容を具体的にご紹介します。

ペットシッターの仕事内容

ペットシッターの仕事内容

基本的にペットシッターが行ってくれるのは、飼い主がいつもしているような、自宅でのペットの身の周りのお世話です。
お世話が必要な日に1日1回から1日2回のお世話を対応しているペットシッターが多く、回数を重ねれば長期のお世話や、1ヶ月での契約など飼い主のライフスタイルに合わせて調整してくれるところもあるようです。

ごはんやトイレのお世話だけでなく、犬なら散歩・猫ならおもちゃで遊ばせたり、おやつをあげてくれたり、お世話ごとに報告レポート作成をしてくれるペットシッターさんもいます。
慣れてきたら、ブラッシングが好きな子にはブラッシングを行ってくれたりもします。

万一、お世話の間にわんちゃんやねこちゃんが物を壊してしまったときでも、保険に入っているペットシッターを選んでおくと安心です。

他のサービスをプラスして付加価値を狙っているところも

他のサービスをプラスして付加価値を狙っているところも

ペットシッターのお仕事はペットに関するものが基本ですが、近年では防犯対策に役立つサービスをプラスして行ってくれるところもあります。
1泊2日くらいなら外から見ても留守にしているかは分かりにくいですが、2泊3日以上の長期間になると、郵便受けに郵便物が溜まってしまったり、数日間雨戸を締め切りにしたりしますよね。

こういった変化は、傍から見ても長期間留守にしていることが分かってしまい心配です。
お願いするペットシッターによっては以下のような内容をお願いできるケースがあります。

カーテンの開け閉めや部屋の換気
郵便受けに入っている郵便物の取りこみ
植物の水やり
照明、冷暖房の調節 など

場合によってはこのようなサービスも可能

場合によってはこのようなサービスも可能

上記のようなサービス以外にも、ペットシッターによっては以下のような内容にも対応してくれる場合があります。
動物病院やペットサロンへの送り迎え
フードや缶詰・おやつなどのペット用品の買い出し
飼い主が自宅にいる場合は散歩の代行 など

ペットシッターによっては豊富なスキルを持ち合わせていたり、沢山のペットをお世話してきた過去の経験から、飼い主やペットの置かれている状況に共感してくれ、相談に乗ってくれるような方もいます。
時間がとれないからと、ペットにさまざまな我慢を強いるのではなく、ペットシッターに相談してみたり、お世話をお願いして飼い主もペットもお互いに少しでも快適な生活を選択するという手段も覚えておくと良いかもしれませんね。

 

画像 http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事