どう違うの? 「ペットホテル」と「ペットシッター」徹底比較!

  • 2016-12-23
どう違うの? 「ペットホテル」と「ペットシッター」徹底比較!

大切な犬や猫のペットを預ける時「ペットホテル」と「ペットシッター」どちらが良いのでしょうか。双方のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

どう違うの? 「ペットホテル」と「ペットシッター」徹底比較!

ペットを預けるとなった時、「ペットホテル」と「ペットシッター」どちらが良いのか悩んでしまいますよね。
そんな時はそれぞれのメリット・デメリット、またペットの性格を考慮することをおすすめします。
ご自身のペットの場合、いざという時のためにどちらが向いているか、ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

ペットホテルの「メリット」&「デメリット」

ペットホテルの「メリット」&「デメリット」

ペットホテルのなかにはペットホテル専門会社以外に、動物病院・ペットショップ・トリミングサロンなどがホテルとしての設備を備えている場合があります。
それにより部屋の種類や設備・サービス内容が異なってきます。

【メリット】
他の犬や猫と過ごすことでルールを学び、ペットの社会化に繋がる。
宿泊だけでなく、シャンプーやトリミングなどのメニューがあるので便利。
なかには、マッサージやエステなどを用意している場所も。
知識が豊富だったり資格を持っていたりするスタッフがいるところなら、ペットの体調やちょっとした変化にも気がついてくれる。

【デメリット】
住み慣れた家から離れるため、ストレスや不安を感じ体調を崩す恐れがある。
1対1ではなく複数の人間がお世話をしたり、他のペットと接触したりするケースが多い。
送迎が必要な場合は送迎費がかかるなど細かいことで代金が発生し、日数次第では高額になる場合も。

ペットシッターの「メリット」&「デメリット」

ペットシッターの「メリット」&「デメリット」

飼い主に代わりペットのお世話をしてくれるペットシッターのメリット・デメリットをご紹介します。

【メリット】
自宅でお世話をしてくれるので環境や生活習慣を変える必要がなく、ペットへのストレスを最小限に抑えられる。
ペットを連れていく準備や送迎の必要がないので時間的な余裕を持てる。
ペットホテルと違い、1回いくら・もしくは時間単位の費用がかかるだけで済む。

【デメリット】
他人に自宅の鍵を預ける必要がある。
ペットシッターが不在の時、ペットの様子が分からない。
ペットシッターとペットの相性を面談で見極める必要がある。

うちの子を預けるならペットホテル? ペットシッター?

うちの子を預けるならペットホテル? ペットシッター?

ペットホテルもペットシッターもどちらもメリット・デメリットがあります。
そのうえでどちらかを選ばなければならない時は、ペットの性格に合うほうを選ぶことが大切です。

●単独行動が好きな子
ケージや個室のあるペットホテル、または自宅でペットシッターにお世話してもらうとストレスが少ないでしょう。

●お友達と遊ぶのが大好きなワンちゃん
フリースペースやドッグランのあるホテルなら他のお友達と楽しく遊ぶことができるので、快適にお留守番できるでしょう。

●体調が心配な子
ちょっとしたことで体調を崩しがちな子は、動物病院が併設されていたり24時間体制でスタッフが常駐していたりするペットホテルが安心です。

●「人間が大好き!」な甘えん坊な子
ペットシッターならマンツーマンでお世話してくれるので甘えん坊なペットも満足できるでしょう。
1日に来てもらう回数を増やせばペットもさらに満足してくれるはず。

●人見知りの子
基本的にお家から出たことない猫はとても人見知り。その場合はペットシッターに依頼すると良いでしょう。

ペットホテルやペットシッターを探しやすいサイトは?

 

その子によってペットホテルとペットシッター、どちらの相性が良いかは変わります。
普段の様子や性格から飼い主が判断して、心地よいお留守番方法を見つけてあげてくださいね。

画像 http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事