【今日のいぬ】ポルトガルの山地で牧畜犬として活躍するアレンティジョ・マスティフ

  • 2016-10-25
alentejo-mastiff

ヨーロッパでは「ラフェイロ・ド・アレンティジョ」という名前で知られています。体が大きく体力もあるので、牧畜犬としてだけではなく猟犬としても活躍していました。独立心が旺盛で自分に自信があり周囲への警戒心も強いので、不審な人物や物音を察知すると時に攻撃的な行動に出ることもあります。

alentejo-mastiff
ポルトガル南部のアレンティジョ地方で牧畜犬として活躍

ヨーロッパでは「ラフェイロ・ド・アレンティジョ」という名前で知られています。体が大きく体力もあるので、牧畜犬としてだけではなく猟犬としても活躍していました。独立心が旺盛で自分に自信があり周囲への警戒心も強いので、不審な人物や物音を察知すると時に攻撃的な行動に出ることもあります。

そんなアレンティジョ・マスティフについて・・・

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事