犬を飼ってアンチエイジング? ペットがもたらす驚きの効果

  • 2016-10-17
犬を飼ってアンチエイジング? ペットがもたらす驚きの効果

私達の心を癒し、可愛いしぐさで楽しませてくれる動物たち。実は、ペットを飼うことでアンチエイジング効果が得られるということをご存知ですか? 人生にハリを与え、若返らせる、ペットとの暮らし方についてご紹介いたします。

年齢を重ね、人生の円熟期へと向かっていくのはとても楽しいことです。
しかし、中には、体力が衰えて気力が萎えてしまうといった心身の老化に不安を感じる方も多いでしょう。
そんな方におすすめなのが、「ペットを飼うこと」です。
今回は、ペットを飼うことで得られるアンチエイジング効果や、その理由について詳しくご紹介していきます。

体を老化させる原因は?

心身の老化を招く主な理由として、活性酸素が体内に蓄積することにより、身体がサビついてしまうことが挙げられます。
活性酸素を増加させる原因となるのが「ストレス」です。

忙しく生活する現代人は、仕事や家庭、友人関係などで、自分でも気がつかないうちにストレスを溜めこんでしまいがち。
ストレスによって自律神経が乱れると、それに対抗しようと副腎皮質ホルモンという物質が分泌されます。
すると副腎皮質ホルモンを分泌、分解する過程で活性酸素が発生し、心身を老化へと導いてしまうのです。

ペットでアンチエイジング効果が得られる理由

ペットでアンチエイジング効果が得られる理由

身体を老化させるストレスに対抗する術として有効なのが「アニマルセラピー」です。
アニマルセラピーとは、動物との触れ合いを通して心身を癒す療法のこと。
「定年退職して生きがいを失った男性が、犬を飼い始めてから元気になった」「長い入院生活をおくるおばあさんが、ウサギと触れ合うようになって認知症が改善した
など、ペットに人の心や体を癒す効果があるということは、医学的にも認められています。

ペットと触れ合うと副交感神経が優位に働くようになり、心身がリラックスした状態になります。
また、ペットの温かな体温や柔らかな毛並みを感じることで、幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」の分泌も活発に。
ペットに愛情をかけることで、老化を促進するストレスを緩和することができるのです。

その他にも、ペットを飼うことは、老化を防止するためのさまざまなメリットを与えてくれます。

・ペットを散歩させ、遊ばせることで、運動習慣が身につく
・野生の残る動物と一緒に暮らすことで、生活の乱れが改善する
・愛情をかける相手を得ることで、生きる気力を維持できる
・ペットを通して交流が広がり、脳が活性化する
・ペットの命に責任を持つことで、生活にハリが出る

なんと、最新の研究では、「犬を飼っている人の精神的な幸福度は、犬を飼っていない人よりも高い」「犬を飼っている人は犬を飼っていない人に比べて運動量が多く、10歳近く若い肉体をしている」ということもわかっているそう。
精神的、肉体的に人を癒してくれる大切な家族の一員として、ペットを迎えてみてはいかがですか。

画像 http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事