【ドッグトレーナーのお話】柴犬を飼ったら抱っこをしてあげましょう!

  • 2016-10-8
2016-10-07 23.13.13

今や国内外問わず柴犬や和犬ブームで、SNSやCMでも和犬がよく取り上げられています。今回は柴犬のお話です。

柴犬ブームがやってきた⁉︎

今や国内外問わず柴犬や和犬ブームで、SNSやCMでも和犬がよく取り上げられています。

柴犬の特徴 → https://anicare.petgo.jp/reference-breed/dog-guide/dogname/shiba-inu/

犬のブームは、とても残念な結果に繋がることが多々るので私は複雑な気持ちです。
犬を飼うことが初めてで、柴犬のことをただ単に、頭が良くて、主人に忠実で飼いやすいという情報だけで飼い始め、育て方を間違い失敗するケースがとても多いからです。
どんなに人間が咬まれても、被害者は犬です!
そんな柴犬の飼い主さんからの依頼はあとを絶ちません。

首輪の付け外しができない
足拭きができない
シャンプーができない
ブラッシングができない

そして、最終的に体を触らせてくれないという関係性の崩壊です。

柴犬を飼ったら抱っこをしてあげましょう!

IMG_9734-1-615x632
私は柴犬を飼ったら、ふれあいのトレーニングを一生懸命してほしいと思っています。
犬全体にも言えることですが、特に自我が芽生えるのが早い柴犬は、時として拘束をとても嫌います。
足先、口、耳、尻尾など、体の先端に位置する部分は子犬のうちにふれあいを繰り返し、触れられることに良い印象を与えておくことが必要です。

そして、いつでも飼い主さんの方から抱っこが出来る関係性を築きましょう。

勘違いしないで!それは優位性です

「うちの子は触られるのも抱っこも大好きです」と言うので
「それでは抱っこしてみてください」と言ってみる

すると、犬が逃げ回り一向に捕まえられそうにありません。
よく様子を見てみると、ふとした瞬間に犬のほうから飼い主さんの足の上にピョンと飛び乗り

「背中を撫でろ」
「抱っこしてみろ」
「そのまま!立ち上がるな」

と言ってます。

飼い主さんはご満悦で背中を撫でながら「ヨシヨシ気持ちいいか?」といった感じ。

これはただの優位性や甘えにしか過ぎません。
この一方通行が将来的に犬の気持ちに悪い変化を与えることがあるのです。

上にも書きましたが、いつでも飼い主さんの方から抱っこが出来る関係性を築きましょう。

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

画像:http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事