幸せな暮らしを! 猫の里親を探す4つの方法

  • 2016-10-1
幸せな暮らしを! 猫の里親を探す4つの方法

「捨て猫を保護してしまった」「飼い猫が赤ちゃんを産んでしまったなど思わぬことが起こり飼育することができないこともあります。猫の里親探しをするときに、どのような方法があるのかを紹介する記事です。

近年の猫ブームにより、猫を飼っている家庭が増えています。
完全室内飼育をしている家庭もありますが、自由に外に出られる猫も少なくありません。
去勢や避妊をしていないと、飼い猫が赤ちゃんを産んでしまい、自分たちでは飼いきれないというケースも珍しくありません。
猫たちに幸せな暮らしを見つけてあげるためには里親探しをする必要があります。
知人などに聞いてまわるというほかに、どのような方法があるのでしょう。

【まずはチラシを用意しよう】

里親を募集するには、まずはチラシを用意しておくのがおすすめです。
何枚か作ったら、チラシを貼らせてもらえるところを探します。
動物病院やペットショップ、ホームセンターなど、ペット用品を扱うお店や病院などにお願いすると良いですよ。

ほかにも地域のコミュニティーセンターや公民館、駅などには掲示板を設置しているところもあります。
こういったところに貼らせてもらえれば、人の目にも付きやすいので効果的です。

【動物愛護団体やボランティアなどを頼る】

もうひとつの方法は、地域の動物愛護団体やボランティアなどのグループを頼ってみましょう。
こういったグループは、いわば動物のスペシャリストです。
何か困ったことがあったり、わからないことがあったりすると相談に乗ってくれることも多いです。
里親に出したいなら、相談することもできるでしょう。
まずは一度連絡をしてみてください。

【ネットの里親サイトを利用する】

ひと昔前に比べて、ネットの里親サイトも管理が行き届き安心して里親探しができるようになりました。
ただし、やはり初めは顔が見えない同士のやり取りとなります。
里親に出す場合は飼育や引取りに関しての条件を、細かく提示しておくことが大切です。
相手が本当に信頼できる人なのかを見極めることも重要です。

【フリーペーパーもおすすめ】

フリーペーパーもおすすめ

最近では比較的小規模な範囲でのフリーペーパーも発行されるようになりました。
フリーペーパーの一部分を利用して、里親探しをするのもおすすめです。
費用は少々かかりますが、小さな区画であれば数百円から千円程度と比較的安い費用で利用することができます。

【本当に自分で飼えないかもう一度検討して】

里親が決まるまでは自宅で飼育しなければいけないことも多いです。
本当に自分で飼うことができないか、もう一度考えてみることも大切です。
何日が一緒にいると愛着が湧いてきた、なんてことも珍しくありません。
ご家族にも相談して、一員に迎えられないか検討してみましょう。

画像 http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事