【ドッグトレーナーのお話】犬の鳴き声が…そんな苦情が来る前に!

  • 2016-9-24
2016-09-18 22.18.48

犬の吠えに対する苦情についてのお悩みが最近多く寄せられています。 苦情が来ないようためにやらなければいけないこと!そんなお話です。

家のポストに匿名のメモが入っていた!
保健所や役所の人が突然現れ指導された!
近所の人が怒鳴り込んできた!

これみんな犬の吠えに対する苦情です。
犬の吠えに関しては、レッスンのお悩みでとても多くの方からお問い合わせがあります。

犬が家の中で吠える要因は何?

原因はたくさんありますが代表的な反応として

・インターホンが鳴る
・外の物音や車の音に反応する
・外の人影に対して反応する
・小さなお子さんが騒ぐ
・2階の物音に反応する

なぜ犬がこれらに吠えるのか?

それは、家をテリトリーとした外敵要因に対して条件付けられた警戒、威嚇、恐怖心の反応が多いと思われます。

ですが、一度覚えてしまった事を消去する事は容易ではなく、私たちにお化け屋敷に入って、怖がるな!泣くな!叫ぶな!と言ってるようなものなのです。(ちなみに私はお化け屋敷に入れません)ですが、毎日毎日お化け屋敷に通い詰めたら、パターンを覚え状況を把握して怖さが徐々に軽減されていくでしょう。これは慣れというものです。

犬が持つ外敵要因の反応を消し去るためには、音がしても何も起こらない、誰も侵入してこないという事を教えなければなりませんので、ドッグトレーナーの指導のもと地道に時間を掛けながら慣らしていく事をオススメします。

このコたちはさっきまではインターホンにギャンギャン吠えてました!
慣れたのかな?

近隣に迷惑をかけないように

犬が吠えて近隣に迷惑をかける前に、犬を飼ったら犬の社会化に専念してください。
最も重要な3ヶ月目〜4ヶ月にかけてたくさんの事を学習させてあげましょう。

犬は5ヶ月目に入ると徐々に警戒心を持ち始め、学習します。

この音は怖い!
この影は怪しい!
これが鳴ると怪しいヤツが入ってくる!

全てが条件付けられて、警戒心が強いワンちゃんになる前に、物、音、人に慣れるトレーニングを続けていきましょう。
IMG_9432-300x225

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

画像:http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事