ペットと一緒に災害避難を考える展示会開催

  • 2016-9-16
8b7fff47be3ca7a5f1e01abdabe300fd.jpg

「いっしょに逃げてもいいのかな?展」全国巡回展を開催中

「いっしょに逃げてもいいのかな?展」全国巡回展を開催中
「いっしょに逃げてもいいのかな?展」は、災害などが起こった時にペットを守り、同行避難をした場合、ペットと飼い主とまわりの人との間でどのような問題が起こるのか想定し、普段からどんなことができるか、来場者とともに考えることを目的にしたものです。

今年春に開催され、大きな反響を呼んだためこの夏も巡回展として展示を続けています。
メディアも注目 共に考える取り組み
展示の内容として「災害発生~避難まで」、「避難所生活空間4つのケース」、「同行避難への意識調査」、「みんなの意見」、「いっしょに逃げる備え」が挙げられています。

災害が発生してからペットと飼い主に起こりうることを時系列で解説し、さらに飼っている人、飼っていない人双方の意見や専門家の見解など広く紹介しています。

同行避難に必要なモノだけでなく、普段からのコミュニティとの関わりや、自主的に話し合い・解決策を見つけようとする気持ちの大切さなどを共に考える場として企画されており、今まで来場者は約8,000名を超えています。

新たな切り口でペットとの防災を考える取組としてメディアからも注目が集まる取り組みです。

今後のスケジュールとして9月4日から渋谷代々木公園SHIBUYA BOSAI FES2016にて開催、その後10月23日にNPO法人アナイス15周年イベント、11月6日に世田谷動物フェスティバルにて展示が予定されています。
巡回展内にて書籍の先行発売
9月4日の渋谷展示会にて、もしもが起こった時に必要な、モノ・コト・キモチを考えるための防災基本BOOKが先行販売されます。

ペットを飼っている人も飼っていない人も共存する社会で、お互いに認め、助け合って生きるためにどうすればいいのかを考える一冊となっています。

動物と暮らすことを選んだ飼い主が、これからも幸せに生活するための「飼い主力」を上げる一助になるはずです。ぜひお手にとってご覧になってみては。一般販売は9月12日からとなります。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
株式会社ドリームプレスリリース
http://prtimes.jp/main/html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事