猫と一緒の布団で寝るにはどうすればいい?

  • 2016-8-28
猫と一緒の布団で寝るにはどうすればいい?

かわいい飼い猫と一緒に寝たいと思う飼い主さんは多いはず。だけど、猫は気まぐれな生き物。一緒の布団で寝てくれたらラッキーですが、なかなか猫の性格によっては難しいこともあるようです。猫と一緒に寝るためにはどうすれば良いかを考えてみましょう。

かわいい飼い猫と一緒に寝たいと思う飼い主さんは多いはず。
愛くるしい猫に癒されて、疲れも吹き飛びそうですよね。

だけど、猫は気まぐれな生き物。
一緒の布団で寝てくれたらラッキーですが、なかなか猫の性格によっては難しいこともあるようです。
どうしたらかわいい猫と一緒に夢を見られるか考えてみましょう。

猫は快適な場所を探す

猫には自分のお気に入りの場所があります。
暑い季節なら涼しくて快適な場所、寒い季節なら暖かくて居心地の良い場所をちゃんと探しているのです。
眠る場所についてもお気に入りの場所があるので、無理に「ここで寝て!」と強制してもうまくいきません。

猫と一緒に寝たいのなら、猫の好むような環境を作って一緒に寝られるように仕向けることが大切です。

子猫のうちがチャンス

子猫のうちがチャンス

大きくなった猫に寝る場所を強制するのはなかなか難しいので、子猫のうちから飼い主と一緒に寝る習慣を付けるのがおすすめです。
子猫のうちに寝床を作って教え込めばそこで寝るようになります。

その季節に快適な寝具で、なるべく小さなうちから一緒に寝られるようにしつけましょう。
暑い季節は人間も不快なように猫も嫌がる可能性が高いので、まずは寒い季節に暖かい布団に誘って覚えさせると成功しやすいです。

猫に好かれる飼い主になろう

猫は好き嫌いがはっきりしています。
スキンシップをして遊んであげてご飯をくれる大好きな飼い主さんには自然と寄り添ってくれます。
反対に怒ってばかりだったり、香水をつけていたりすると嫌われます。
無意識とは言え、常に乱暴な対応をしている人のことも嫌います。
当然、嫌いな人とは一緒に寝てくれません。

大きな声を出さず不快な香りもなく優しくなでてくれる、猫にとって大好きな飼い主さんになればきっと一緒に寝てくれるでしょう。

習慣化したらしめたもの

子猫のうちから「夜はここで寝ようね!」と布団に優しく連れてきて寝かせるといいですね。
快適で安心して眠れると分かると、猫の方から来てくれます。
猫は習慣化するのが得意な生き物なので気にいってくれれば簡単です。

小さなうちの寒い季節が最適です。
柔らかくて暖かい布団に大好きな飼い主さんがいてくれれば猫も至福の時を過ごせますし、安心感から熟睡してくれるでしょう。

成猫になっていると少し時間はかかりますが、快適さが分かると一緒に寝てくれるようになるかもしれません。
暑い季節は一緒に布団に入らなくても、布団の上に寝てくれる可能性が高いです。
それはそれでかわいくて幸せな時間ですよね。
眠る布団の上に愛猫の重みが何とも言えず愛おしいですよ。

ちょっと気をつけたい話

どんなにかわいい猫でも、感染症にはご注意を!
猫にしかうつらない病気もありますが人にうつる病気もあります。
猫が具合悪い時には十分注意して過剰なスキンシップは避けましょう。
必要に応じて受診して治療するのも大切です。

感染症はなくても、抜け毛を吸い込んでしまいこともあります。
抜け毛の季節はしっかりとケアして清潔に健康に過ごしましょう。

画像 http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事