【ちゅう先生の簡単犬ごはんクッキング】ワンコにキャベツは大丈夫なの?

  • 2016-8-27
shutterstock_264954887

今回から手作りごはんで気になることをご紹介していきます!この記事のテーマは「キャベツ」。身近でクセがすくなく、わんちゃんが食べやすい食材なのに、食べさせてはいけないの?という疑問についてです。

我が家のワンコは、オヤツにキャベツを食べます。

キャベツ食べてるの!!大丈夫なの!!?

なぁんて思っちゃった方、いらっしゃいますか?

「キャベツは甲状腺機能に影響を及ぼすからワンコに与えるのは危険」とかって、どこかで聞いたことがあったとか?

確かに、キャベツなどアブラナ科の植物には、ゴイトリン(goitonin)という物質が含まれています。
ゴイトリンは甲状腺へのヨウ素の取り込みを阻害します。
なので、ゴイトリンを大量に摂取すれば、甲状腺機能にも影響を及ぼす可能性があります。

※ヨウ素は甲状腺ホルモンを合成するために必要な必須元素です

じゃぁ、「大量」って、どのくらい???ってことなのですが。。。。

キャベツの可食部のゴイトリンの含量はキャベツ1グラムあたり約0.1マイクログラムらしいです。

※1マイクログラムは1グラムの100万分の1
※1ミリグラムは1000マイクログラム

毎日食べても毒性が出ないと思われる最大量は、体重1kgあたり0.4mg。
つまり、体重1kgあたり、400マイクログラム。(ヒトのデータです。そう、これって、ヒトで、言われてることなんですよねぇ)

たとえば、我が家の3キロのワンコの場合であれば「毎日食べても毒性が出ない量は、1.2mg」
つまり、「毎日食べても毒性が出ない量は、1200マイクログラム」

キャベツ1グラムあたりに、ゴイトリンは0.1マイクログラム入っているということなので・・・・

うちの子であれば、キャベツを12000グラム食べて、やっと1200マイクログラムのゴイトリン摂取って計算。

キャベツ1個は大体、1キロ(1000グラム)くらい。
ということは・・・・キャベツ12000グラムは、キャベツ12個分。

!!!!!

なので、3キロのワンコの場合であれば1日にキャベツだけを12個を毎日食べ続けていても、計算上大丈夫な数値(毒性はない)・・・・ってこと???

どんなに食いしん坊なワンコでも1日に12個のキャベツを食べることはないでしょうね。

ということで、おなかが張り裂けるくらいに、いや、張り裂けてもなお・・・というか、身体の何十倍もの量のキャベツだけを毎日毎日食べ続けない限り、問題はなさそうです!

ペットのごはんについて悩みを抱えていませんか?
o0250008813190432005

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事