【ドッグトレーナーのお話】犬とアウトドア!高尾山編

  • 2016-8-20
DSC_0585-615x411_R

山や川、海などイヌと一緒のアウトドアも浸透しつつあります。今回は犬とアウトドアについてのお話です。

都内で犬と楽しめるアウトドアスポット

都内にある高尾山は犬と一緒にハイキングができるスポットです。
IMG_5691-300x280

稲荷山コースは、ダラダラと登りが続くので結構きついのでありますが、4WDのイヌにとっては何てことない。
スラスラ〜っと軽快に登っていきます。
自分も四つん這いで歩いたら早いのかな〜なんてバカなことを思いなながら登ってまいりました。

山頂までは約90分で到着。晴れていれば富士山も綺麗に見れるようです。

all_course_2014-300x279

自然の中で起きるイヌの変化

犬と一緒のハイキングは色々な気づきをもらえます。
ウチのディランは、近所での1時間の散歩では10回ほどマーキングをします。

家の周りでは自分のテリトリーを荒らされていないか、嗅覚のレベルを上げ周囲を警戒しながら散歩をし、気になる匂いにはすかさずマークをします。
ですが、自然の山の中にはライバルも少なく、匂いも少ないので顔を上げ前を進みます。DSC_0582-300x201

この日は登りで1回、下山で1回の計2回のみでした。もちろん!しっかり流しましたよ。

ライバルもいない山の中ではストレスフリーのため、犬の警戒は解け普段とは違った表情や人間とのコミュニケーションが取れるのが、犬とアウトドアのいいところです。

また、犬と山登りにはハーネスがお勧めです。(今回はハーネスではありませんでしたが・・・)

なぜハーネスが良いのか?
1.普段カラーに慣れたイヌがリフレッシュ!
いつもの首の刺激を背中に変えてあげるだけで、刺激も軽減されリフレッシュされます。下を向いたイヌの顔も自然に上がってきますよ!

2.前足に絡みづらい。
カラーは前足より前にリードが垂れるので足に絡みやすいのですが、ハーネスは前足より後ろの背中側にフックがあるので足に絡みづらくなります。これに気を使わなくなるだけで、お互いにストレスがすごく減ります。

カラーとハーネスを散歩や遊びの場面ごとで使い分けてあげるとイヌも楽しくなれること間違いなしです。

中型~大型犬は腰にも巻ける長めの3WAYリードを使ってみてください。
ハンズフリーもリフレッシュの一貫!
これには犬も敏感で、手で持たれた時と腰に巻かれた時のリードから体へ伝わる感触には全く違った反応を示します。

DSC_0625-300x201

そして、ヒールウォークを皆様も練習していただきたいところです。
なるべく横についた状態で、リードを張らず弛ませずお互いにストレスのかからない位置を暗黙の了解でキープ!
ちょっとした信頼関係も見えたりします。

やっぱりマナーがいちばん大事!

山や川、海など犬と一緒のアウトドアで一番気をつけたいのがマナーですね。

1.糞尿の後始末
2.すれ違いでの配慮
3.犬連れでない方への挨拶や声かけ

まだまだ暑い日が続きますが、熱中症対策をしっかりして山や川、海など、是非マナーを守って犬とアウトドアをどんどん楽しんでいただきたいと思います。

ZUTTODOGで犬と楽しむイベントも開催しています!
http://zuttodog.jp/tag/zutto-dog-outdoor-service/

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事