【ドッグトレーナーのお話】犬に名前がついた日

  • 2016-8-11
shutterstock_301310258_R

犬に名前がついた日! それは家族が増えた記念日でもありますね。みなさんは、名前をつけた時のワクワク感、ドキドキ感を覚えていますか?

今でもワクワクは続いてますか?

海外のブリーダーは日本とは違い生まれてすぐに名前をつけることが多いです。
それは生体を物として扱わず、一つの命を尊重する現れでもあります。

shutterstock_201265430_R

みなさんは、名前をつけた時のワクワク感、ドキドキ感を覚えていますか?

名前のとおり素敵な犬になってほしいなぁ
これからどんな犬になるだろう
山に行ったり、海に行ったりしたいなぁ
朝晩1時間づつ散歩するぞ!
しつけを頑張ろう!
一緒の布団で寝たいなぁ
ひとりにさせるのが心配だなぁ

犬が家族になった瞬間ほどワクワクしたことはないですよね!

では、今と昔の感情を比べてみてください。

今でも最高のパートナー!
さらに幸せになってる
今は空気のような関係
お互い干渉しないようにしてます
問題行動が増えて困ってる
ちゃんと躾をしておけばよかった
手放そうかと思ってる

飼い主さんによって、向上してる人、自然体な人、嫌になってる人、それぞれの想いがあると思います。
それぞれ、もういちど当時のことを思い出してみてください。
そして、今の感情になったポイントを思い出してみましょう。

感情は犬も人間も同じ

感情に変化が生じた時は理由があり原因があります。
それぞれの気持ちを棚卸してみると、色々見えてきますよ。

shutterstock_415476394_R

向上した人
良い思い出や信頼関係を上手に築き上げてきた方だと思います。愛犬のことを好きすぎて、少しだけ無理をさせているかもしれません。どんな時楽しかったか、飼い主さんが幸せを感じた時、愛犬が喜んでると思えた瞬間を思い出して、少しだけ犬目線のペースや遊び方を見直してドンドン向上しましょう。

自然体な人
お互いに干渉しなかったり、お互いのペースを持てることはストレスのかからない生活で良いのですが、その反面楽しみも減っているような気はしませんか?家に迎えた時のことを思い出して愛犬と向き合う時間を増やしても良いかもしれません。犬との生活はメリハリです。一緒に暮らせる喜びを感じて仲間として遊んであげましょう。

嫌になってしまった人へ
厳しいようですが嫌になってしまう原因は飼い主さんにあります。
おそらく問題行動の現れだと思いますが、その行動を引き出したのは飼い主さんです。
もう一度信頼関係を取り戻すためには、感情の変化があった時期のことを思い出してみてください。
必ず愛犬の行動にも変化があった時と一致します。その行動の変化があった時の飼い主さんの行動や接し方をもう一度思い出し、全て紙に書き出す心の棚卸しをしてみましょう。何か見えてきますよ。飼い主さんの接し方や行動を少しだけ変えてあげるだけで、犬は生活のストレスが軽減し変化が現れます。時間はかかるかもしれませんが、犬との暮らしを再構築しお互いに楽しく過ごしてくださいね。

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事