ペットと赤ちゃんが仲良く暮らしていくには?

  • 2016-7-27
ペットと赤ちゃんが仲良く暮らしていくには?

犬や猫を飼っていて自身が妊娠をした場合、生まれてくる赤ちゃんとペットたちが仲良く暮らしていけるのか、不安を感じたことがある方もいるかもしれません。
「ペットが赤ちゃんにいたずらしないかしら」「赤ちゃんを受け入れてくれるかしら」「ペットのことを好きになってくれるかな」なんていうことも気になりますね。
自身の妊娠や出産後もペットと仲良く暮らしていくには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

まず気になる衛生面をどうするべき?

ペットと赤ちゃんが同居するときにまず気になるのが衛生面です。
免疫力の低い赤ちゃんとペットを一緒に生活させるのは避けるべきという話もありますが、もともと家庭内で飼われているペットに関して心配はありません。
ペットの衛生面が原因で赤ちゃんの健康が害されるという報告はほとんどないと言われています。

ただ、ペットのしつけに関しては注意が必要です。
例えば「トイレのしつけがなっていない」「飼い主をペロペロなめる」「外から室内に入るときに足を拭かない」ということが日常化している場合は、ペットの飼い方を見直したほうが良いでしょう。

ペットを一時的に預けることはしない

家によっては心配だからといって赤ちゃんがある程度成長するまで、ペットを一時的に預ける人もいます。
赤ちゃんにとっては危険が少なくなるので良いのかもしれませんが、これから仲良く生活していこうと考えているなら避けるべき行為です。

特に犬は飼い主に対して愛情を持っていることが多いです。
自分が預けられている間に知らない子どもが家の中心になっていたとなると、混乱を招く原因になります。
生まれた時から一緒にいることで、お互いの関係を認め合う付き合い方ができるようになるのです。

犬と猫では少し対応が違う!

犬と猫では少し対応が違う!

猫の場合はマイペースな子が多いので、赤ちゃんがやってきたとしてもさほど気にはしないでしょう。
しかし自分のペースを乱されるのが嫌いな猫は、子供嫌いだというケースも珍しくありません。
そうした場合には、猫が落ち着ける空間を作ってあげるように工夫してあげてください。

また犬の場合は、赤ちゃんに対してやきもちを焼いてしまう子もいます。
特に小型犬は赤ちゃん返りのような行動を起こすこともあるので注意が必要です。

犬の場合は、犬と赤ちゃんのどちらもバランスよく可愛がってあげることが大切です。
そうすることで、犬が赤ちゃんを噛むといった行為は起こさないでしょう。

ただし、ワンちゃんが赤ちゃんよりも立場が上だと認識しないように上手に対応する必要があります。
赤ちゃんでも人のほうが上だとしつけることが仲良く暮らすコツになるのです。

画像 http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事