6万頭が里親を!里親募集サイト「ペットのおうち」

  • 2016-7-10
satooya_R

近年捨てられたペットやどうしても飼い主と暮らすことができなくなったペットに新しい家族を見つけようとする取組が徐々に根付き始めています。

ペットショップに行く前に
近年捨てられたペットやどうしても飼い主と暮らすことができなくなったペットに新しい家族を見つけようとする取組が徐々に根付き始めています。ペットショップに行く前に里親サイトを見てみると、色々な事情を抱えたペット達の姿を見ることができます。

そのような流れの中で、この度WEBプロデュースを行う株式会社 Easy Communicationsは、運営する里親募集サイト「ペットのおうち」で里親を見つけたペットが累計6万頭(匹)を超えたことを6月29日に公表しました。

里親が見つかっているペットの数は年々増加しています。2011年からの累計投稿件数9万5,000件のうち63%に当たる6万件の里親募集において里親を見つけることができました。

ペットと里親がマッチする確率はサイトの認知度向上とともに徐々に高まっています。近年では70%程度のペットに新しい家族ができています。ちなみにマッチングの5万件達成は今年1月21日でした。つまりその後の約5ヶ月間で1万頭のペットに新しい家族が見つかっているなんて驚きの数です。

また、サイトの会員は32万人を超え、約400名の会員が日々増えている現状です。
「ペットのおうち」ってどんなサイトなの?
「ペットのおうち」は犬、猫の殺処分ゼロを目指し、ペットの里親募集サイトとして2011年7月1日より一般公開を始めました。

ddb2f64fc0312fe310336be4ad56bc3c.jpg

現在では会員数は32万人、月間2,300万PVを集めています。会員登録をすれば誰でも里親募集を行うことができ、どうしようもない事情で飼えなくなってしまったペットや、捨て猫など保護したペットを掲載することもできます。

保険所の殺処分を待つペットの情報コーナーもあり、例えば神戸市などの自治体がサイトを使用しています。サイトではペットを販売、転売目的で受け渡しされることのないよう、誓約書に署名、押印するなど厳しいルールを設けています。

里親という仕組みでペットを受け入れるというやり方は、ボランティアなどの普及活動から少しずつ定着してはいるものの、まだ一般的とは言えません。

今後も「里親文化を普及させ、日本をペット文化の先進国にして世界に広げたい」という同社の願いを実現させるべく、犬・猫の殺処分ゼロを目指していきます。

(画像はプレスリリース、WEBサイトより)

▼外部リンク
株式会社 Easy Communicationsプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/106682

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事