意外と律儀?無視してないよ反応してますよ!

  • 2016-7-6
ec82f6610ca32174c3285d9db995fce6.jpg

マイペースな猫ちゃんも可愛いけど、やっぱり無視は寂しい?

マイペースな猫ちゃんも可愛いけど、やっぱり無視は寂しい?
猫ちゃんの魅力的なところは数あれど、マイペースで飼い主の言うことを聞かないところに、キュン!となる人も多いようです。そのうちの一つが、猫ちゃんの名前を呼んでも、何の反応も見せない時じゃないでしょうか。

タマ!やマイケル~!など、飼い猫の名前を呼んでまったく振り向いて貰えず、がっかりしたり、やっぱり無理かと諦めてみたり、そういうところが可愛い~など、飼い主の反応は様々ですが、よ~く見ると猫ちゃんも何らかの反応はしているのです。
猫ちゃんは意外なところで返事してますよ
よく聞くのは、名前を呼ばれると尻尾の先だけ左右に振る行為です。寝ているときに呼ばれた場合など、この仕草をする猫ちゃんは結構多いですね。「うん、聞こえてるよ」「はいはい、解ったよ」などといった感じで返事してるのでしょうか。

また耳だけピクピクと動かすだけの場合もあります。何かに注意を向けてるとき、呼んでるのは解ってるけど、ちょっと目が離せない場合によく見られる行為です。「ちょっと待って、今それどころじゃないの」って感じで耳を動かしてるんでしょうかね。
意外と律儀?無視してないよ反応してますよ!

にゃ~と返事があったとき、それは気持ちが通じ合ったとき!
勿論名前を呼ぶと「にゃ~」と鳴いて近寄ってきてくれる場合もあります。そういったときは丁度甘えたい時間帯だったり、お腹が空いていて「ごはんちょうだい」という気持ちだったりして、猫ちゃんの気分と合致した良いタイミングだったのかもしれません。

でも中には、キャビネットなどで寝ていた猫が、飼い主に呼ばれたとき、キャビネットから顔を出して「うにゃ」と返事をして、また中に戻ってしまうという、律儀な猫ちゃんもいるようです。こんなことされると、もう可愛い~っ!と、顔中緩んでデレデレしてしまいそうですね。
猫ちゃんの名前は解りやすく短くがベスト!
基本的に猫ちゃんは、無視してそうでちゃんと反応してるものなのですが、自分の名前を理解していなくて反応しない、といった場合もあるようです。例えば子供の場合などに多く、自分の名前だと理解できてない場合です。
意外と律儀?無視してないよ反応してますよ!

また多頭飼いの場合、似たような名前にすると誰を呼んでるのか解らず、反応しないなんてこともあるようですね。その他、長い名前だと名前なのか会話なのか理解できず、反応しないなんてこともあります。

やはり名前はハッキリと認識しやすい、2文字~5文字程度に抑え、多頭飼いの場合はそれぞれハッキリと差がある名前の方が良いようです。

このように素っ気無さそうに見る猫ちゃんも、実はちゃんと反応してくれてるというのが解っていれば、たとえ猫ちゃんの名前を呼んで振り向いてくれなくても安心できますね。尻尾や耳などを見て反応していれば、「あ、ちゃんと聞いてくれてる!」っと、今までみたいにがっかりすることも、無くなるのではないでしょうか。

(画像はイメージです)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事