山田あかね監督作品『犬に名前をつける日』自主上映会(7月10日)

  • 2016-7-2
996f515b4e65478d180f2a79a84c9ba3.jpg

7月10日(日)、神奈川県横須賀市の特別養護老人ホームさくらの里山科地域交流室において、海外の映画祭でも話題になった山田あかね監督作品『犬に名前をつける日』がNPO「ちばわん」の手で自主上映されます。

海外の映画祭でも話題に
7月10日(日)、神奈川県横須賀市の特別養護老人ホームさくらの里山科地域交流室において、海外の映画祭でも話題になった山田あかね監督作品『犬に名前をつける日』がNPO「ちばわん」の手で自主上映されます。

ドキュメンタリーとドラマを融合
飼い主のいない犬と猫は「動物愛護センター」で一定期間保護され、引き取り手が見つからなければ殺処分されてしまいます。『犬に名前をつける日』という映画は、愛護センターに持ち込まれた犬と猫の救出に光をあてています。

「ちばわん」は、千葉県を中心に愛護センターに持ち込まれた犬や猫の里親捜しをする保護団体で、2015年までに愛護センターから5000頭の犬と猫の命を救ってきました。広島に本拠地を置く、「犬猫みなしご救援隊」は、シェルターを構え、1000頭以上の犬と猫を保護しています。

愛犬を失った傷心のテレビディレクターが、「動物愛護センター」「ちばわん「犬猫みなしご救援隊」をドキュメンタリー取材するというかたちで映画のドラマは進行します。

上記会場にて、ちばわんいぬ親会・ねこ親会という譲渡会も同時に開催されます。新しい家族を探す保護犬・保護猫が参加します。そちらも是非みてください。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
ちばわん
http://chibawan.net/about

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事