【ドッグトレーナーのお話】〇〇が変われば 犬も変わる?

  • 2016-6-30
201512281443-by-SONY-DSC-WX300-2407-615x500

犬と暮らしているとさまざまなお悩みが出てくるでしょう。少しだけリラックスして愛犬のことを見てあげてください。 今日はそんなお話です。

IMG_7404-300x224

ポメラニアンの女の子、ピノちゃん2歳3ヶ月の場合

月に1〜2回の訪問レッスンで、ゆっくり時間をかけ、昨年の11月から開始し、8ヶ月でレッスン終了となりました。

さてさて、今回のお悩みは???

 

散歩であまり歩かない
犬や人、自転車を見ると吠えまくる
散歩中の拾い食いが激しい
お家の中では落ち着きがなく、常に歩き回り何かを探している様子。
手を差し伸べるとテーブルの下に逃げ込む
足拭きなどで触ろうとすると、たまに噛みつかれる

こんなお悩みを持つ飼い主様は多いですよね。

ピノちゃんのレッスンでは、オスワリやフセなどの基本練習から、散歩でのリードの使い方や、拾い食いのやめさせ方も練習しました。
いちばん重点を置いたのが飼い主さんが肩の力を抜き、気持ちを安定してもらうことでした。
犬は人の気持ちや、手の動き、リードから伝わる抵抗、その日の飼い主さんの気分など、敏感に感じ取る動物です。

犬を初めて飼われる方で多いのは、犬同士で仲良く遊んだり、上手に散歩をしてる姿に憧れ、愛犬をそれにあてはめて、なんでうちの子はできないのだろうと悩み、犬という一括りの中で愛犬を見てしまいがちになることです。

もちろん何もしなくても上手に遊んだり散歩できたりする犬もいますが、たとえ犬種が同じでも、全ての個体が違った素質を持っていることを知っておいたほうが良いでしょう。

そうした理想像の積み上げが、愛犬への感情や接し方に不安定さを招き、犬がそれを感じ取ってしまい、犬自体の行動が不安定になったり、飼い主さんや人の動きに過敏に反応してしまうことが多いのです。

最終的にピノちゃんはというと・・・

とても落ち着きました!

でも最終的に一番変わったのは飼い主さんでした。

【飼い主さんの意識の変化】

ちょっとぐらい吠えたって犬だからイイ
散歩をしたくないならしなくてもいい!公園の芝生で遊ぼう!
拾い食いは回避できる!
お家の中では気にかけすぎない
咬まれるかもしれないという気持ちをなくした

接し方を変えることで飼い主さんの精神状態が安定したのです。

結果、犬なのに!という気持ちから、「ピノはピノだからね!」と思えるようになり、飼い主さんとピノちゃんのお互いが安定して自信に繋がりました。

これが、絆です。
IMG_7402-300x202

落ち着きがなく動きっぱなしだったピノちゃんも、今まではお父さんの足元で休んだり(ホントにありえなかったらしいです!)
畳の上でスヤスヤ寝てみたりすることが多くなったようです。
挙動不審感もなくなり、ジッと見つめてくれるようになったと飼い主さんも感激されてました。

これもすべて、飼い主さんの気持ちが安定しているからですね。
飼い主さんが変われば、犬も変わるんです!!

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事