6月25日から長野にて第21回2016 FCI-IPO競技大会

  • 2016-6-15
shutterstock_231691165_R

ジャパンケネルクラブの「第21回2016 FCI-IPO競技大会」が開催!

全日本警備犬協会を前身とするジャパンケネルクラブ
6月25日(土)・26日(日)、長野県・信州北白樺高原長門牧場(〒386-0601 長野県小県郡長和町大門3539-2)、長野県・霧ヶ峰牧草地(〒392-0008 長野県諏訪市上諏訪)において、ジャパンケネルクラブの「第21回2016 FCI-IPO競技大会」が開催されます。

1949年に創立された全日本警備犬協会を前身とするジャパンケネルクラブは、犬好きの方ならばご存じかと思います。柴犬が好きなひとにとっては、タヌキ顔のジャパンケネルクラブ系とキツネ顔の柴犬保存協会系の区別は大切ですね。

FCI(国際畜犬連盟)の国際訓練規定に基づいた試験
IPOとは、ドイツ語のInternationale Prüfungs ordnungの頭文字をとったFCI国際訓練試験のことで、FCI(国際畜犬連盟)の国際訓練規定に基づいて行われます。この試験における科目及び審査基準は世界共通のもの。

足跡追及、服従、防衛の3つの作業を通して、わんちゃんの作業意欲、勇敢性、従順性、冷静な判断力を見ます。トップクラスの愛犬を目指して頑張るわんちゃんたちの姿を、あなたも覗きにいってみませんか。

▼外部リンク
ジャパンケネルクラブ
http://www.jkc.or.jp/modules/event-schedule/index.php?action=View&event_id=0000002864

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事