ストレス解消?ストレスの元?「猫の多頭飼い」の真実

  • 2016-5-31
ストレス解消?ストレスの元?「猫の多頭飼い」の真実

「猫を買うなら何匹も!」と思う人は多いものですが、多頭飼いにはメリットだけでなくデメリットもあります。多頭飼いをしたいという場合、猫の性格や費用の不安、家の環境などさまざまな面から考慮する必要があります。

ストレス解消?ストレスの元?「猫の多頭飼い」の真実

「猫を飼うなら1匹だけでなく何匹も飼いたい!」と思っている人も少なくないはず。
でも猫の多頭飼いには楽しさだけでなくデメリットもありますので、気をつけるべきポイントを考慮した上で多頭飼いすべきかを判断してください。
多頭飼いのメリットとデメリットをご紹介します。

多頭飼いをするメリットとは?

寂しがりの猫にとっては、一緒に生活する猫は大切な友達。
一緒に遊び、一緒に食事をし、一緒に眠るなどいつでも仲良しな姿はとても微笑ましいものです。
猫たちが一緒に遊ぶ時間と自分だけの時間を使い分けられるよう、それぞれの猫にパーソナルスペースを作ってあげると関係がうまくいきやすいですよ。

1匹ではノンビリとしてしまう猫も、多頭飼いすればお互いに刺激しあって遊ぶようになり、運動不足が解消できます。
多頭飼いすることが猫たちのメタボ対策につながるかもしれません。
また、猫たちが一緒にお留守番をしてくれれば寂しさやストレスが緩和されることも多く、飼い主さんにとっても安心です。

猫が1匹増えれば飼育にかかる費用も1匹分増えると考えてしまいがちですが、キャットフードなどは大袋で購入すれば割安になる場合も。
トイレの砂やシートも安い時にたっぷり購入しておけば、意外とコストダウンできることがあります。

多頭飼いをするデメリットとは?

もしも猫同士の相性が悪い場合、猫にとってストレスになってしまう場合もあります。
もともと猫は嫉妬深い動物ですし、神経質な子も少なくないので、多頭飼いをする場合には猫の性格をしっかり見極めることが大切です。

また、猫の数が増えれば増えるほど、猫1匹ごとのパーソナルスペースは小さくなります。
走り回ったり食事をしたりトイレをしたりというスペースが狭くなってしまうことは、猫にとってもストレスになります。
お家があまり広くないという場合には、多頭飼いが可能かどうかをじっくり検討しましょう。

もちろん、猫が増えた分だけツメとぎやいたずらの被害も増えてしまいます。
1匹がいたずらをすれば他の猫も真似をしてしまう可能性がある、ということも覚えておいてください。

さらに、猫同士で病気や症状を媒介してしまい、数匹が一度に具合が悪くなるというケースもあるため注意が必要です。
たとえ健康な猫たちだったとしても予防接種などの費用は猫の数だけかかります。
何匹もの猫を良い環境で飼育してあげるためには、それなりのお金や手間がかかることを覚悟しておきましょう。

 

多頭飼いは飼い主だけではなく、猫たちにも大きな影響を与えます。
住環境や金銭面、家族の生活習慣や今飼っている猫の性質など、さまざまな面から考えた上で、多頭飼いをするかどうか慎重に見極めたいものですね。

 

画像 http://www.shutterstock.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事