【ドッグトレーナーのお話】ウチのコ、お散歩の時に引っ張るんです!

  • 2016-5-20
IMG_6086-615x626_R

飼い主さんのお悩みBEST3にランクイン! 今回はお散歩中の引っ張りについてです。

飼い主さんのお悩みBEST3に入る散歩中の引っ張り

散歩中の引っ張りは、飼い主さんのお悩みBEST3に入るほどよくある相談です。
この引っ張りですが、実は飼い主さんが引っ張っているということを忘れてはいけません。
犬は楽しいことがあると先へ先へと進みます!
それを止めようとリードを引く飼い主さん!
すると犬にはもっと先に行きたい気持ちが生まれ、さらに引っ張る!
そしてまた飼い主さんがリードを引く!

という終わりのない綱引きのようなものなのです。

どうすれば引っ張らなくなるの?

散歩の引っ張りを解消するには、散歩中の犬にベストなポジションを教えてあげる必要があります。
ヒールウォークといいます。
横に付くことで、安全で安心な場所という認識を持たせ、リードから伝わる刺激の軽減を教えてあげるのです。

ピポットくん10ヶ月の場合

オーストラリアン ラブラドゥードルのピポットくんのレッスンを動画で見てみましょう。
横について歩くヒールウォークの練習です。

ピポットくんは、前後左右と自由に動く元気なコなので、まずは飼い主さんのリードの持ち方から改善。
短く持てば横に付くイメージは持てますが、それだけでは引っ張りはなおりません。
まずはリードを長く持ってピポットくんの動きを見ながら横に誘導して座らせてみたり、そのまま1歩、2歩歩いてまた座らせたり。
ベストなポジションを教えてあげます。

動画のビフォー、アフターでも良くわかるように、ピポットくんと飼い主さんのレベルが上がってますね。
何度も何度も繰り返し、お互いにイメージがわかってきたようです。

オヤツをたくさん使って教える方法もありますが、リードワークでお互いにイメージをつかみ、上手にできたらボディータッチをしてたくさん褒めてあげるほうが伸びていくでしょう。

わずかな時間で動画のようなポジションまでレベルが上がりました。

ポイント
■散歩の引っ張りを解消するには、人の横に犬を着かせてベストなポジションを教えて歩く必要があります。
(これをヒールウォークと言います)
■ベストなポジションは人の足と犬の前足が揃う位置を意識すると良いでしょう。
■位置がずれたら、リードでチョンチョンと軽くチェックを入れて一旦立ち止まり位置を修正してあげましょう。

是非、試してみてください!

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事