愛犬エッセイコンクール受賞作品!電子書籍にて販売

  • 2016-4-22
52f0ce8286f48de285328ce2eb64856e.jpg

能開センターなど学習塾運営をはじめとする教育事業を中心に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業などを展開する株式会社ワオ・コーポレーションは、2015年9月に実施した「第1回 ワンちゃんがいてよかったエッセイコンクール」の受賞作を電子書籍として販売することを公表しました。

コンクール受賞作品を掲載
書籍になるのは長編部門では田辺雄一「孫と大助」、西﨑良子「クロとロク」、西崎めぐ美「笑顔を運んでくれたチャミ」、蝶野路子「前を向かせてくれた兄弟」です。短編部門では石井久美子「ポプリとその家族」、清夏「ドギーと私」大江美典、「幸福のフク」、増田木綿子「我が家の大事な三男坊」の受賞作品全8作となります。

このコンクールはワオ・コーポレーションのペット事業部「ドギーズ神戸」が実施したものです。

愛情にあふれた物語です
愛犬とのふれあいで生まれた笑顔や楽しかった出来事などが作品の中で語られています。
この書籍を読むと、犬は私たちを幸せにしてくれる大切な存在であることを実感させてくれます。そんな愛犬との心温まるお話をまとめたエッセイは全て飼い主の愛情がこもった文章で綴られ、いずれも読者の心に残るエピソードとなっています。

こちらの書籍を読むことで愛犬とのつながりを実感し、「この子がそばにいてくれてよかった」とさらに愛おしく思うことができるかもしれません。ぜひお手にとってご覧ください。

(画像はプレスリリースより)
▼外部リンク
株式会社ワオ・コーポレーションプレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000104.000015572.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事