【ドッグトレーナーのお話】犬が安心できるクレートの選び方

  • 2016-4-13
shutterstock_232218181_R

あらゆる場面においてクレートトレーニングは クレートの大きさや種類も増えて、どれを買って良いのか迷う飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

犬をお迎えしたらまずクレートトレーニングを!

犬が室内で安心して休める場所作りとして、クレートトレーニングのリクエストが増えています。
子犬の頃にクレートを覚えさせることは、間違った手順さえ踏まなければ簡単にクリアできるかもしれません。
しかし、いざ成犬になってからのクレートトレーニングはチョット間違えば一生足を踏み入れなくなるくらい難しい場合があります。

一般的なクレート選びの基準

ショップに行くといろんな種類のクレートがあります。
どれを買って良いのか迷う飼い主さんも少なくはありません。
通常基準となる選び方は以下の3点があげられます。

・鼻先から尻尾までの長さ以上あること
・クレート内で1周できること
・おすわりをした時に頭が天井につかないこと

しかし、犬種によってはこれ以上に気をつけなければならないことがあるのです。

実際にトレーニングした、柴犬 ゆめちゃんの場合はこんな感じでした。
飼い主さんが用意してくれたサイズは中型犬用のミディアムサイズで、柴犬の大きさからすれば何の問題もない大きさに思えました。

家に運び込む前からおやつを使い少しずつ家の中の定位置に設置。
なんの問題もなく行きそうに思えたのですが、たまに全身が入って中でおすわりができる程度で、ほとんどが頭から胴体半分までで出てきてしまいます。
こんな苦戦しながらのトレーニングで数週間が過ぎました。

そこで、使わなくなりベランダに出してあった金網のケージにしてみようと、クレートと置き換えおやつで誘導してみます。
するとどうでしょう、今までの練習が嘘の様にスイスイと入っていきます。
IMG_0428-300x225_R

さてなぜでしょう??

原因はシッポです!

犬のシッポは感情を表すバロメーターとして知られている思います。
実は感情を表すだけに、すごく敏感な場所でもあるわけですよね!
触ったことのある方ならわかるかもしれませんが、犬は必ずスルッとかわしますよね。
シッポは犬にとって触られたくない場所なのです。

IMG_0431-300x223_Rシッポが入口の上部に触れています!

室内で高さはじゅうぶんに確保されていても、入口で敏感な場所(シッポ)に触れてしまえば、それ以上は進む気など失せてしまいます。
成犬のトレーニングは、臨機応変に状況を見ながら変化をさせて、正解を導き出す難しさがありますので、ドッグトレーナーの判断力が重要になってきます。

正しいクレートの選び方

これが正しいクレートの選び方は上記に書いた基準の他に、愛犬の一番高い部位、日常的に触れられて嫌がる所、敏感な所などを踏まえた上で大きさを決めてください。
そして、もうひとつ大事なことがあります。
ショップなどに愛犬を連れて行き店員さんに大きさを見てもらうのはとてもいいことだと思いますが、ショップ内で試しにクレートに入れてみるなどはやめましょう。
いざ家に持ち帰ったときには、クレートが嫌いな場所になっている可能性もありますので、少しずつ好印象を与えた上でクレートトレーニングをしてくださいね。

IMG_0429_R

まとめ

犬を飼ったらオスワリやフセなど後回しにして必ずクレートトレニングをしましょう!
⭐️家の中に安心して休むことのできる場所を作ってあげて下さい
⭐️車の中で犬の安全を確保してあげてください
⭐️緊急の場合など避難所で快く受け入れてもらえますように

画像:http://www.shutterstock.com/

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事