【ドッグトレーナーのお話】トイレトレーニング〜パグの大輔くん

  • 2016-4-7
daisuke_R

生後7ヶ月のパグの大輔くん。 トイレトレーニングの様子をお伝えします。

大輔くんのトイレトレーニング

生後7ヶ月のパグの大輔くんははお家に来て1ヶ月のパピー。
パグは、動きも表情もとても豊かなので見ていて飽きませんね。

そんな可愛いパグの大輔くんですが、ご家庭内では色々と困りごとも多いようです。
基本トレーニングも大切ですが、優先順位をつけて問題を解決していきます。

今回はトイレトレーニングです。

ペットショップでは、ショーケースの中でトイレトレーを使うショップと使わないショップがあります。
ショーケースの中でトイレトレーを使っているお店は、お家に飼われてもトレーの感触を覚えているので順応性が高い犬が多いのですが、トイレトレーを使ってないお店の犬は、トレーがトイレだとわからない場合が多いようです。

お家の中でどこでもオシッコをしてしまう犬の飼い主さんの精神的苦痛はかなりなものです。
今まで綺麗だったお家が、犬を飼い出した途端あちこちオシッコだらけになってしまうのですから、怒る飼い主さんと怒られる犬、お互いにストレスになってしまうので、最初に解消しておきたい問題です。

まずは環境作りから

大輔くんのトイレはサークルの中にありました。もしかしたら自分のお部屋にトイレがあるのが気に入らないのかもしれません。そして、あちこちでオシッコをしてしまうのは、犬目線から『飼い主さんが楽しそうに騒いでくれるから』『注目してほしいから』という理由も挙げられます。

専用のトイレを作ってみました。シートを印象付けるために床だけでなく、壁側にもシートを貼りました。

DSC01133-1-300x213

子犬の習性で、寝起き、食後、遊んだあとが最もオシッコをしたくなります。
大輔くんとボールなどでひとしきり遊んだあとトイレに誘導し扉を閉めます。
「なんでここに閉じ込めるの〜」といった感じですが、まずはオシッコをすれば出してもらえるということを覚えさせます。

注目を集めたがりの大輔くん!
みんなで姿を消してみることにしました。

IMG_4807-300x225

なんと!!
すぐに成功!
得意気な顔でいるところを、すかさず褒めまくり出してあげます。

ここからがトイレトレーニングの始まりですので、飼い主さんの頑張りどころですね!

飼い主さんは、眼を丸くして感激してましたが、犬をよ〜く観察して環境を整えてあげればトイレトレーニングは簡単かもしれませんね。

まとめ

・トイレ環境を整えてあげる〜最初は扉付きサークルの方が成功しやすいです
・トイレの統計を取る〜いつ、どこで、何を⁈
・誘導してあげる
・犬だけにしてみる
・成功したらメチャクチャ褒めてあげる、ご褒美もあげてみる。

犬のトイレトレーニングでお困りの方は是非試してみてください。

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事