【ドッグトレーナーのお話】シットステイ と ダウンステイ

  • 2016-3-29
DSC_0449_R

シットステイとダウンステイを使い分けることで、生活の中でのいろいろなシチュエーションの抑制につながります。 今回はシットステイとダウンステイについてのお話です。

シットステイとダウンステイとは

犬を飼い始めた時、最初に教えるのがシット(座る)で、それからダウン(伏せる)ですね

11146501_1757029927857126_7007390876668447805_o_Rシット・・・前2足立ちでお尻を床につけた姿勢

11348925_716720398440259_1315736326_n1_R
ダウン・・・シットの姿勢から前足を伸ばし、お腹が床についた状態

それではこれらの姿勢
スタンド(立つ)→ シット(座る)→ ダウン(伏せる)
何かお気づきでしょうか?
ピン!ときた人はすごいです

正解は
4足 → 2足 → 0足

これはステイ(待て)の順位にもつながります
●スタンドの4足立ちは、すぐにでも走り出せる姿勢なのでステイは難しいです
●シットの2足はお尻が床についてるので短時間の待てに向いていますが、いつでも走り出す準備はできています。
●ダウンは0足なので長時間待たせることに向いていて、最も動き出しづらい姿勢です。また、犬にとって吠えづらい姿勢でもあります。

ステイはとても重要!

ステイは正確にいつでもできることがとっても重要で、シットステイとダウンステイを使い分けることで、生活の中でのいろいろなシチュエーションの抑制につながります。

・インターホンなどへの無駄吠え
・来客時の飛びつき
・玄関からの飛び出し
・散歩時の立ち話のとき
・ドッグラン、カフェでの待機時
…などなど

教え方は、まず正確な姿勢のシットとダウンを教えます。その次にステイにつなげていきます。オヤツを前に置いて待たせたりするのは皆さんやられてると思いますが、ステイはどのような状況でも待っていられなければなりません。時間と距離を伸ばしたり、オヤツを違う方向に投げてみたり、犬は背後を取られるのを嫌がるので手を叩きながら犬の周りを回ってみたり、ドタドタ走ってみたり、ピンポンを鳴らしてみたり、いろいろな刺激を加えてあげることでステイが上手にできるようになります。

まずは室内でステイを見直してみてはいかがでしょうか?

犬のしつけでお困りの方はzuttodogにお問い合わせください!

logo

画像:zuttodog

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事