旅はペットと共に!キャンピングカーで同伴旅行!

  • 2016-2-11
db59f042f56ec954265d3407edbe2d88.jpg

ペット同伴の旅行について驚きの調査結果 近年のペットブームの影響から、外出先でもペットを連れていく人が増えています。この度一般社団法人日本RV協会は、キャンピングカーで旅行をする人のうち、ペットを連れて旅行をする人の割合がどれくらいなのか調査をしまし…

ペット同伴の旅行について驚きの調査結果
  近年のペットブームの影響から、外出先でもペットを連れていく人が増えています。この度一般社団法人日本RV協会は、キャンピングカーで旅行をする人のうち、ペットを連れて旅行をする人の割合がどれくらいなのか調査をしました。 db59f042f56ec954265d3407edbe2d88.jpg 2015年12月18日~2016年1月17日の期間に協会のホームページで行われたユーザーアンケートを集計したものです。 その結果、旅行にペットを連れていくと回答した人の割合は63.1%にもなることがわかりました。最近は猫ブームと言われていますが、キャンピングカー利用者の飼育しているペットの種類は圧倒的に犬が多く、結果旅行者が連れていくペットの種類は犬がナンバーワンとなりました。 また旅先で「ドッグラン」のような犬のための施設があれば利用すると回答した人が全体の76.9%となっています。 ペットの楽しむことができる施設が旅行地にあるか否かは旅行者にとって重要な要素になっていること、また旅行者は積極的にそのような施設を利用していることが伺えます。
犬は家族の一員だから
  なぜペット同伴のキャンピングカー旅行はこんなにも広がったのでしょうか。ペット同伴の理由を問うアンケートの回答には「家族の一員として一緒に旅行へ連れていきたかったから」というものが一番多く、46.8%の割合となっています。 キャンピングカー旅行者の中には、シニアの夫婦2人が比較的多数であることもあり、子供の代わりに新しい家族としてペットの存在を大事にしている回答者も多いようです。そのことからもペットは飼い主にとって「家族の一員」とみなされていることがわかります。 また次点の回答には「ペットと一緒に泊まれるホテル、ペンションなどを利用して乗用車で旅行していたが、予約がなかなか取れないなど満足できないことが多かったから」というものが19.4%の割合でした。 キャンピングカーがペットの宿泊を容易にし、同伴旅行を楽しむことができる便利な移動手段として旅行者の認知が進んでいます。 (画像はプレスリリースより) ▼外部リンク 一般社団法人日本RV協会プレスリリース https://www.atpress.ne.jp/news/89523

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事