【お手入れ:犬】乾燥に負けるな!冬のスキンケア(肉球編)

  • 2015-12-15
shutterstock_96716641_R

冬の乾燥した空気が肌トラブルの一因になるのは、私たち人間だけではなく、犬猫にとっても同様です。 冬の乾燥から愛犬・愛猫のデリケートな皮膚を守るためにしっかりと対策をしましょう!

shutterstock_61505374_R
冬の乾燥した空気が肌トラブルの一因になるのは、私たち人間だけではなく、犬猫にとっても同様です。
さらに高齢の犬猫では皮膚・被毛の潤いを保つ皮脂(油分)を分泌する腺は衰え、皮膚が乾燥しがちになるため、特に注意が必要です。
犬猫の表皮の厚さは、人間と比べて半分以下でとても薄く、敏感です。冬の乾燥から愛犬・愛猫のデリケートな皮膚を守るためにしっかりと対策をしましょう!

 

乾燥によるダメージ
肉球は冬の乾燥した空気に強くありません。冷えて血行が悪くなり乾燥した状態が長く続くと、表面ががさがさしてきて、ちょっとした刺激で「ひび」が入ってしまうことがあります。さらに乾燥が進むと、ひび割れて痛みを伴うようになります。
人でいうところのあかぎれやひび割れに似た状態ですので、肉球の乾燥には十分に気を配りましょう。

1d70be177ba183057510da92c463b66d_s_R

対策
肉球専用の保湿クリームやオイルなどがあります。散歩前後に塗って乾燥を防ぎましょう。
ひび割れてきて痛がるときは、靴を履かせてあげると歩きやすくなります。ひどいときは早期に動物病院で相談しましょう。

 

肉球ケアにオススメ♪
4582173570031_m パナズー パウケアクリーム 60g
通常販売価格: ¥2,592

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連カテゴリー・キーワード
関連記事